コンテンツへスキップ

知音ネット句会


知音ネット句会は、遠方にお住まいの方、
あるいはさまざまなご事情で知音の句会への 参加が難しい方などに、
ネット上で句会の楽しさを体験していただくための取組みです。

■ご参加条件

①知音の誌友でない方は、知音の誌友(年会費12,000円)になってください。
誌友の入会フォームはこちら

②知音ネット句会にご登録ください。
知音ネット句会の入会フォームはこちら
※一般句会に参加できる方は、ご遠慮ください。

■句会の流れ

①「投句をする方」から、投句してください。(毎月25日締切)

②ネット上で参加者同士の互選ができます。
互選をする方」から選句してください。
(翌月10日頃にアップされますので、20日までに選句していただきます)

③西村和子先生による選句、同人による講評、参加者による互選が発表されます。(翌々月1週目)

■参加費

Aコース:500円/1ヶ月(1ヶ月に5句投句できます。)
Bコース:1,000円/1ヶ月(1ヶ月に10句投句できます。)
※別途、知音誌友年会費 12,000円
【お問い合わせはこちらまで】
haiku※chi-in.jp
(※ は @ に置き換えて下さい)
お申込みされた方には、こちらからご連絡を差し上げます。


選者・講評者紹介:

■選者・西村和子(知音代表)

 

 

 

 

 

■講評者
同人・中川純一

 

 

 

1952年東京生。知音副代表。高校で清崎敏郎に師事。
その縁で富安風生、行方克巳、西村和子の指導を受ける。
句集『月曜の霜』。

 

同人・高橋桃衣

 

 

 

1953年神奈川生。第5回知音賞。
句集『ラムネ玉』『破墨』『自註高橋桃衣集』。
NHK学園俳句講座講師。

 

同人・中田無麓

 

 

 

1957年大阪府守口市生。1999年知音入会。
2001年知音同人。
俳人協会関西支部幹事。

 

同人・井出野浩貴

 

 

 

1965年埼玉県生。第2回青炎賞。
句集『驢馬つれて』により第38回俳人協会新人賞。

 


◇互選をする方◇
(2020年4月分)

4月分の互選は締め切りました。

互選フォームへ

 

 


◇投句をする方◇
(2020年5月分)

当季雑詠
5月分の投句は締め切りました。

投句フォームへ

 

 

ネット句会結果

2020年3月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 冬の虹みづうみに生(あ)れ寸足らず 小野 雅子 【講評】夕立などの後に見ることの多い「虹」は夏の季語だが、冬にも立つことがある。寒々しい空に現れる冬の虹は七色も淡いが、幸運にも出会えた喜びと、儚 ... "2020年3月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

2020年2月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 探梅や見知らぬ人も句帳持ち 松井 洋子 【講評】「梅」「梅見」は春の季語だが、「探梅」は冬のうちに咲き出す梅を探して野山を歩くこと。冬枯れで寒々しい梅林を吟行していると、同じように梅を眺めながら ... "2020年2月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

2020年1月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 正月のテレビは誰も見てをらず 山田 紳介 【講評】そう言われてみると、年賀はがきが届き、子供達がやって来て、御節を食べて、と何やかややっていてもテレビは付いている。誰も真剣に見ているわけでもなく ... "2020年1月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む