コンテンツへスキップ
緊急のお知らせ

【緊急連絡】10月度以降の同人句会について

《10月度以降の同人句会は、皆さんが毎月参加できるように戻します》 *同人句会では、10月度以降、(苗字で2グループに分ける隔月参加方式をやめ)皆さんが毎月参加できるように戻します。 *ただし、会場の収容定員を2分の1と ... "【緊急連絡】10月度以降の同人句会について" を続けて読む

今日の一句

2021年10月23日(土)今日の一句

身に入むや一人ぽつちで死ぬ話 石田梨葡 「知音」2021年2月号 知音集 より

最新情報

2021年10月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 尾を立てて犬も潜れる茅の輪かな 松井洋子 【講評】ご主人と一緒について茅の輪くぐりのワンちゃん。嬉しくて尾が立っている。周りの皆が笑ってみている、そんな光景。(中川純一)   灯して過 ... "2021年10月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

知音 2021年10月号を更新しました

乙 張  西村和子 秋蟬のとほき満ち干の未明より 供香よりひと日始まる濃龍胆 秋蟬の乙張めりはりも失せ呂律失せ 小気味よく水弾きけり秋茄子 束ねてもコードくねくね秋暑し おしろいの花や病める児覗きをる 窓掛がゆらぎたるの ... "知音 2021年10月号を更新しました" を続けて読む

2021年9月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 ( )内は原句 煮えきらぬ音ひきずつて梅雨の雷 牛島あき 【講評】煮え切らない音、それはどんな音だろうか。特に雷の場合。言葉とすれば、一般的には人の発言がきっぱりしていないことに使われる。しかも ... "2021年9月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

【緊急連絡】10月の例会について

緊急事態宣言の延長、医療の逼迫の状況から、10月の例会は投句形式といたします。 例会係

知音 2021年9月号を更新しました

待ち伏せ  西村和子 首すぢに大暑の初光刺さりけり 垂直の千の沈黙青葡萄 向日葵の待ち伏せに会ふ夜道かな 短夜の寝覚の水腥き 短夜の川より衢明けにけり 川風に明易の床浮くごとし 落蟬やわが戸叩きてこときれし 子へものを書 ... "知音 2021年9月号を更新しました" を続けて読む

【緊急連絡】9月度の同人句会について

《9月度の同人句会は「郵送方式」に変更します》 首都圏の新型コロナウイルス感染拡大に対応し、9月4日(土)に予定していた同人句会は「郵送方式」に変更します。 *兼題「子規忌」5句を、知音誌「同人句会案内」に記載されている ... "【緊急連絡】9月度の同人句会について" を続けて読む

2021年8月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 雲の峰てつぺんきらと光りたる 田中優美子 【講評】もくもくと盛り上がった入道雲を見上げる作者。圧倒してくるその巨体。作者はそれを目でなぞり上げていって、そのてっぺんに、真珠のような輝きが少しだけ ... "2021年8月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む