コンテンツへスキップ
今日の一句

2022年12月5日(月)今日の一句

湯豆腐を仕込み夕かたまけにけり 高山蕗青 「知音」2022年4月号 窓下集 より

最新情報

知音 2022年12月号を更新しました

稲 光  行方克巳 夕月夜桟橋はひと悼むところ 稲光いま無呼吸のわれならずや 稲光つひのひとりと思ひけり 灯火親し見ぬ世の友も見しひとも 世渡りの栗羊羹も酒もよし 栗羊羹の歯形いやしき男かな 水深のごときゆふぐれ迢空忌 ... "知音 2022年12月号を更新しました" を続けて読む

当会同人 原 川雀さんが、句集『砧打(きぬたうつ)』を上梓しました。

原 川雀 著・内村 信代 訳 句集『砧打』 2022/11/3刊行 Bilingual poetry for selected HAIKUs KINUTA Utsu Written by Takao Hara Trans ... "当会同人 原 川雀さんが、句集『砧打(きぬたうつ)』を上梓しました。" を続けて読む

2022年11月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 コスモスの手入れしすぎてつまらなく 荒木百合子 コスモスは外来種でありながら日本の秋の風景に馴染んだ稀有な花です。可憐でありながら自由気儘に生い茂る点に魅力があると言えましょう。「手入れしすぎて ... "2022年11月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

知音 2022年11月号を更新しました

稲 雀  行方克巳 九十九里浜秋は薄刃のごと翳り 秋の浜座れば砂のあたたかく 稲雀憎く雀の憎からず 稲雀投網打つたり峡の空 一陣の返せば二陣稲雀 蛇笏忌や後ろ手の何考へる 蛇笏忌や酒のごとくに水銜み 段ボール抱へて何処へ ... "知音 2022年11月号を更新しました" を続けて読む

2022年10月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 盆の月奥の部屋まで差しにけり 穐吉洋子 「盆」は本来陰暦7月15日であるから、この月は満月である。奥の部屋まで光が差し込んできたということは、満月が東の空に上ってきた時なのかもしれないが、窓のあ ... "2022年10月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

知音 2022年10月号を更新しました

西馬音内盆踊り  行方克巳 立てかけしごとをちの滝こちの滝 山清水くねりつつ行く葛の花 爪に火を点す浮世を踊りけり やさしうてごつうて男踊りかな きはめつき男踊りの女かな 帰るさの彦左頭巾をはね上げて 暗がりに踊り崩れの ... "知音 2022年10月号を更新しました" を続けて読む

2022年9月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 喉仏大きく動き生ビール 深澤範子 喉仏の動きだけを言うことで、ビールを豪快に飲んでいる様子から、泡の細やかなビールの色、ピッチャーの重量感や冷たさ、喉ごしの清涼感を描き出している。なんとも気分が ... "2022年9月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む