コンテンツへスキップ
連絡事項

知音誌の配送について

2024年1月31日をもって「クロネコDM便」が廃止されました。そのため、2024年2月号より、知音誌は、クロネコゆうメールでの配送となります。それに伴い、封筒の形状が変更になりました。また、郵便管轄となるために平日のみ ... "知音誌の配送について" を続けて読む

2024年同人句会についてのお知らせ

2024年1月~12月の「兼題」は、下記のとおりです。 (1月)年酒 (2月)春寒 (3月)芹 (4月)春暁 (5月)翡翠 (6月)桜桃忌 (7月)梅雨明け (8月)八月 (9月)夜なべ (10月)無花果 (11月)柿落 ... "2024年同人句会についてのお知らせ" を続けて読む

2023年4月以降の例会のマスク着用について

2023年4月以降の例会も、不織布マスクの着用をお願いいたします。 引き続き、基本的な感染防止対策にご協力ください。 例会係

今日の一句

2024年4月20日(土)今日の一句

都をどり端の舞妓の幼な顔 佐瀬はま代 「知音」2023年7月号 知音集 より

最新情報

2024年4月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 踏切に貨車が零せし氷雪 辻本喜代志 踏切のあたりに氷雪が落ちているのを見て首を傾げたのでしょう。通り過ぎた列車を見ると貨物車で、きっと北国から荷物を運ぶ途中、屋根から氷雪を落としたのだと思い当た ... "2024年4月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

知音 2024年4月号を更新しました

浅 春  行方克巳 孫弟子のわれも傘寿や風生忌 死出の旅も三日の旅も春浅き 菜の花に泛きぬ沈みぬしてふたり 春の闇ひとりつきりぢゃないつてこと この半畳踏めば奈落か春の闇 勿とわれ倶利迦羅紋々春の夢 一蓮托生とはぼう/\ ... "知音 2024年4月号を更新しました" を続けて読む

2024年3月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 無造作といふ巻き方も春ショール 箱守田鶴 防寒具で寒さを凌いでいた冬とは違い、春はショールのあしらい方も人それぞれ。ふわっと軽く、おしゃれに、あるいは何ということもなく肩に。 朝晩は冷えても昼間 ... "2024年3月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

当会同人 三石知左子さんが、句集『小さきもの』を上梓しました。

三石 知左子 句集 『小さきもの』 2024/3/1刊行 朔出版 産声をあげよ今宵は良夜なる 医学が大きく進んでいる現代でさえ、 出産は女性にとって命懸けであることに変わりない。 まさに満月の夜、さあ 呱々の声を聞かせて ... "当会同人 三石知左子さんが、句集『小さきもの』を上梓しました。" を続けて読む

知音 2024年3月号を更新しました

なまこ的  行方克巳 鮟鱇の今生憂しと恥やさしとぞ 口噤むなまこ半分ほど凍り 先手必勝とは思へども海鼠かな なまこ的処世訓垂れ海鼠食ふ 初夢のみぐるみ剥がれたればなまこ 初鏡父を憎みし日の遠く 老来の企みひとつ年酒くむ ... "知音 2024年3月号を更新しました" を続けて読む

2024年2月のネット句会の結果を公開しました。

◆特選句 西村 和子 選 安政の天守令和の煤払ふ 松井洋子 江戸時代には多くの城に作られていた天守ですが、現存しているのは十あまり。これは安政に再建された伊予松山城の天守でしょう。 この句の工夫は、「安政」「令和」という ... "2024年2月のネット句会の結果を公開しました。" を続けて読む

知音 2024年2月号を更新しました

負けまじく  行方克巳 気力体力財力いづれ十二月 海鼠のどこ突つついても海鼠 負けまじく極月のわが食ひ力 熊どうと倒れ一山ゆるぎけり 山眠る令和のゴジラ目覚めつつ 虚にあそび実に迷ひて近松忌 抜けがけの小才もあらず近松忌 ... "知音 2024年2月号を更新しました" を続けて読む