コンテンツへスキップ

知音の本棚(誌友の句集・著書)

難波一球句集『八ヶ岳春秋』

難波一球句集『八ヶ岳春秋』 2018/12/1刊行 黴臭き部屋の議論みな直球 野球を愛する一球さんの面目躍如た ... "難波一球句集『八ヶ岳春秋』" を続けて読む

コメントなし

島野紀子句集『青龍』(せいりゅう)

島野紀子句集『青龍』(せいりゅう) 2018/9/8刊行 ◆第一句集 運動会カメラ向ければ背を向けて なかなか ... "島野紀子句集『青龍』(せいりゅう)" を続けて読む

コメントなし

小倉京佳句集『水のかたち』(みずのかたち)

小倉京佳句集『水のかたち』 (みずのかたち) 2018/3/20刊行 ◆第一句集 転がつて踏みとどまつて芋の露 ... "小倉京佳句集『水のかたち』(みずのかたち)" を続けて読む

コメントなし

津田ひびき句集『街騒』

津田ひびき句集『街騒』(まちざい) 2018/2/3刊行 ◆第二句集 バス停にバス待つやうに春を待つ 第一句集 ... "津田ひびき句集『街騒』" を続けて読む

コメントなし

前山真理句集『ヘアピンカーブ』

前山真理句集『ヘアピンカーブ』 2017/12/30刊行 ◆第一句集 雪竿ののぞくヘアピンカーブかな 「だいじ ... "前山真理句集『ヘアピンカーブ』" を続けて読む

コメントなし

志磨泉句集『アンダンテ』

志磨泉句集『アンダンテ』 2017/8/26刊行 ◆第一句集 上手く笑へず上手く怒れず初鏡 泉さんの自画像であ ... "志磨泉句集『アンダンテ』" を続けて読む

コメントなし

小野桂之介句集『蝸牛』

小野桂之介句集『蝸牛』 2017/8/8刊行 学者であり教育者である顔とはちがう、表現者の表情。 夫であり父で ... "小野桂之介句集『蝸牛』" を続けて読む

コメントなし

高橋桃衣句集『自註 高橋桃衣』 

高橋桃衣集  自註現代俳句シリーズ 12期21 2017/6/20刊行 ラムネ飲む釣銭少し濡れてをり ファイン ... "高橋桃衣句集『自註 高橋桃衣』 " を続けて読む

コメントなし

廣岡あかね句集『りつしんべん』

廣岡あかね句集『りつしんべん 2016/12/25刊行 ◆第一句集 悴みて立心偏のゆがみたり あかねさんの句に ... "廣岡あかね句集『りつしんべん』" を続けて読む

コメントなし

中野のはら句集『象のうた』

中野のはら句集『象のうた』 2016/11/25刊行 ◆第一句集 大阪が好きで嫌ひで蝉しぐれ のはらさんのくっ ... "中野のはら句集『象のうた』" を続けて読む

コメントなし

松井秋尚句集『自由時間』

松井秋尚句集『自由時間』 2016年11月刊行

コメントなし

松枝真理子句集『薔薇の芽』

松枝真理子句集『薔薇の芽』 2016/09/22刊行 ◆第一句集 ぐらぐらの歯を自慢してチューリップ やがて ... "松枝真理子句集『薔薇の芽』" を続けて読む

コメントなし

栗林圭魚著『季題拾遺』

栗林圭魚著 『季題拾遺』 2016/1/10刊行 「拾遺」とは、歳時記からあふれ出たあれこれを拾い補うことであ ... "栗林圭魚著『季題拾遺』" を続けて読む

コメントなし

小澤佳世子句集『葱坊主』

小澤佳世子句集『葱坊主』 2018/9/8刊行 ◆第一句集 笑ふ夢見てゐる顔の風邪治る 『葱坊主』はまさに子育 ... "小澤佳世子句集『葱坊主』" を続けて読む

コメントなし

長 愛輝句集『帰郷』

長 愛輝句集『帰郷』 2015/7/9刊行 帰郷してわが寝間となる夏座敷 第二の人生の六年間で得た七千余句の中 ... "長 愛輝句集『帰郷』" を続けて読む

コメントなし

帶屋七緒句集『父の声』

帶屋七緒句集『父の声』 2015/7刊行

コメントなし

鴨下千尋句集『月の客』(つきのきゃく)

鴨下千尋句集『月の客』 (つきのきゃく) 2015/6/28刊行 ◆第一句集 人生の先達に捧げられた句は みず ... "鴨下千尋句集『月の客』(つきのきゃく)" を続けて読む

コメントなし

小沢 麻結句集『乙姫の反古』

小沢 麻結句集『乙姫の反古』 2015/5刊行

コメントなし

成田うらら句集『水の扉』

成田うらら句集『水の扉』2014/11/13刊行 紫木蓮売れぬまま家朽ちてゆく 台風ののろのろときて人攫ふ 現 ... "成田うらら句集『水の扉』" を続けて読む

コメントなし

安倍川翔句集『今と決め』

安倍川翔句集『今と決め』 2014/10/8刊行 熱燗や女盛りを今と決め この一句に翔さんの心意気と潔い決断力 ... "安倍川翔句集『今と決め』" を続けて読む

コメントなし

井出野浩貴句集『驢馬つれて』

井出野浩貴句集『驢馬つれて』 2014/9/21刊行 ◆第一句集 マフラーの緋を見送りしより逢はず 作者の胸裡 ... "井出野浩貴句集『驢馬つれて』" を続けて読む

コメントなし

江口井子句集『海渡る蝶』

江口井子句集『海渡る蝶』 2014/1/15刊行 東西古今の文芸に心を遊ばせ、 旅に料理にお洒落に五感を磨き、 ... "江口井子句集『海渡る蝶』" を続けて読む

コメントなし

山口隆右句集『蜜柑顔』

山口隆右句集『蜜柑顔』 2014/1/6刊行 据ゑられし卒寿の母の蜜柑顔  隆右 蜜柑顔とは何と可愛らしくつや ... "山口隆右句集『蜜柑顔』" を続けて読む

コメントなし

谷川邦廣句集『黒点虎』

谷川邦廣句集『黒点虎』 2013/12/21刊行 谷川邦廣さんは、 工学博士にして猫語をもあやつる。 世界のど ... "谷川邦廣句集『黒点虎』" を続けて読む

コメントなし

千葉美森句集『句の旅』

千葉美森句集『句の旅』 2013/10/25刊行 俳句大好き人間の美森さん 今日もいそいそと吟行の旅へ出かけて ... "千葉美森句集『句の旅』" を続けて読む

コメントなし

関根 空句集『星の舳先』

関根 空句集『星の舳先』 2013/9/7 選ぶとは選ばないこと。 あぶない幻影にそっと寄りそってみる。 それ ... "関根 空句集『星の舳先』" を続けて読む

コメントなし

高橋桃衣 句集『破墨』

高橋桃衣 句集『破墨』 2013/6/30刊行 含み笑いする通草、雨を呼ぶ枇杷、えらそうな鶏頭、 不機嫌な山、 ... "高橋桃衣 句集『破墨』" を続けて読む

コメントなし

小林月子句集『見返り峠』

小林月子句集『見返り峠』 2013/1/25刊行 甘んじて仕事人間啄木忌 月子 月子さんは何事にも一途で真っ正 ... "小林月子句集『見返り峠』" を続けて読む

コメントなし

天野きらら句集『ウェルカムフルーツ』

天野きらら句集『ウェルカムフルーツ』 2013/1/13刊行 料理が得意な人は俳句も上手い ありふれた材料の本 ... "天野きらら句集『ウェルカムフルーツ』" を続けて読む

コメントなし

鈴木庸子句集『シノプシス』

鈴木庸子句集『シノプシス』 2012/11/3刊行 シノプシスとはシナリオのあらすじ。 人生を意識した時俳句と ... "鈴木庸子句集『シノプシス』" を続けて読む

コメントなし

大塚次郎句集『揺るぎなく』

大塚次郎句集『揺るぎなく』 2012/9/27刊行 科学の知性と、俳句の感性。 教師の視線と、父親のまなざし。 ... "大塚次郎句集『揺るぎなく』" を続けて読む

コメントなし

原田章代句集『遊』

原田章代句集『遊』 2012/7/19刊行 この句集を原田芳雄に捧げます。―とあとがきにある本書は、一周忌に向 ... "原田章代句集『遊』" を続けて読む

コメントなし

黒木豊子句集『雛あかり』

黒木豊子句集『雛あかり』 2011/1/15刊行 豊子さんの俳句には、雛の間のほの明りにも似た やさしさと華や ... "黒木豊子句集『雛あかり』" を続けて読む

コメントなし

原 川雀句集『青丹よし』

原 川雀句集『青丹よし』 2010/11/13刊行 企業の四十五歳研修で俳句と出会った頃、 川雀さんにとって俳 ... "原 川雀句集『青丹よし』" を続けて読む

コメントなし

馬場繭子句集『芽吹』

馬場繭子句集『芽吹』 2010/9/28刊行 屈託のない無邪気な第一句集は、 俳句が幸福の文芸であることを思い ... "馬場繭子句集『芽吹』" を続けて読む

コメントなし

金子笑子 句集『雪舞』

金子笑子 句集『雪舞』 2010/9/23刊行 数へ日の本腰入れて雪の降る 笑子 老神温泉はなつかしく心安らぐ ... "金子笑子 句集『雪舞』" を続けて読む

コメントなし

鈴木淑子 句集『震へるやうに』

鈴木淑子 句集『震へるやうに』 2010/6/16刊行 二十代の本音と呟き。 幼なさの揺曳も、早熟な感慨も、み ... "鈴木淑子 句集『震へるやうに』" を続けて読む

コメントなし

平岡喜久子句集『花筐』

平岡喜久子句集『花筐』 2010/1刊行

コメントなし

河内環 句集『河畔抄』

河内環 句集『河畔抄』 2008/12刊行  

コメントなし

小沢麻結句集『雪螢』(ゆきぼたる)

小沢麻結句集『雪螢』(ゆきぼたる) 2008/6刊行 ◆ 第一句集 雪螢とはまことに あえかなる存在である し ... "小沢麻結句集『雪螢』(ゆきぼたる)" を続けて読む

コメントなし

栗林圭魚著『知られざる虚子』

栗林圭魚著 『知られざる虚子』 2008/4刊行  

コメントなし

江口井子句集『自註 江口井子』 

江口井子集  自註現代俳句シリーズ 11期 2008刊行

コメントなし

田中久美子句集『風を迎へに』(かぜをむかえに)

田中久美子句集『風を迎へに』(かぜをむかえに)2007/9/26刊行 ◆ 第一句集 少し淋しげで 少しつまらな ... "田中久美子句集『風を迎へに』(かぜをむかえに)" を続けて読む

コメントなし

江口井子句集『こゑに』(こえに)

江口井子句集『こゑに』(こえに) 2007/1刊行 万葉の世への愛とあこがれが、野の花のように咲き乱れ、ひとり ... "江口井子句集『こゑに』(こえに)" を続けて読む

コメントなし

松井秋尚句集『海図』

松井秋尚句集『海図』 2006/7刊行

コメントなし

原川雀句集『風の影』

原川雀句集『風の影』 2006刊行 天平の落書の春の埃かな 初陣のごとくに吹かれ白菖蒲 昼の虫日差はつかに衰へ ... "原川雀句集『風の影』" を続けて読む

コメントなし

津田ひびき句集『玩具箱』

津田ひびき句集『玩具箱』 2005/3刊行 夜桜や嫁の仕事を打遣りて 貝の華とはピカソかな太郎かな 昼顔の幸せ ... "津田ひびき句集『玩具箱』" を続けて読む

コメントなし

村地八千穂句集『知足』

村地八千穂句集『知足』 2005/1刊行 初硯知足常楽筆太に 平らかに凍て滝壷を封じたる さよならと踵かへせば ... "村地八千穂句集『知足』" を続けて読む

コメントなし

馬場白州句集『弥次郎兵衛』

馬場白州句集『弥次郎兵衛』 2004刊行

コメントなし

上野文子句集『露華』

上野文子句集『露華』 2004/7刊行 読みすすんで行くと朝露のようにきらりきらりと光るものがある―それは作者 ... "上野文子句集『露華』" を続けて読む

コメントなし

ポシェットの会『ポシェット合同句集』

ポシェットの会『ポシェット合同句集』 2004刊行 職場の同期会の旅行で俳句に出会った仲間が、「知音」の初心者 ... "ポシェットの会『ポシェット合同句集』" を続けて読む

コメントなし

島田藤江句集『一葉の路地』

島田藤江句集『一葉の路地』 2003/5刊行  

コメントなし

松原幸恵句集『天窓』

松原幸恵句集『天窓』 2003/3刊行  

コメントなし

高橋桃衣句集『ラムネ玉』

高橋桃衣句集『ラムネ玉』 2002/10刊行 ◆ 著者第一句集 『ラムネ玉』は、さわやかでなつかしい音がする。 ... "高橋桃衣句集『ラムネ玉』" を続けて読む

コメントなし

レモンパイ句会『レモンパイ合同句集』

レモンパイ句会『レモンパイ合同句集』

コメントなし

中川純一句集『月曜の霜』

中川純一句集『月曜の霜』

コメントなし

江口井子句集『水葱の花』

江口井子句集『水葱の花』

コメントなし