コンテンツへスキップ

■2022年1月以降の同人句会開催日について
2022年1月から、同人句会の開催日は、原則として毎月第4土曜日になります。
2021年とは異なりますので、お気をつけください。
(次回の同人句会は、1月22日(土)です。詳細は、「知音」12月号でご確認ください。)

■2022年同人句会の兼題
2022年の同人句会の兼題は以下のとおりです。
1月「御慶」
2月「早春」
3月「山笑ふ」
4月「春潮」
5月「初夏」
6月「蜥蜴」
7月「滴り」
8月「終戦忌」
9月「蟷螂」
10月「梨」
11月「菊人形」
12月「山眠る」

以上です。
2022年もどうぞよろしくお願いいたします。
同人句会幹事

《10月度以降の同人句会は、皆さんが毎月参加できるように戻します》

*同人句会では、10月度以降、(苗字で2グループに分ける隔月参加方式をやめ)皆さんが毎月参加できるように戻します。

*ただし、会場の収容定員を2分の1とする制限があるため、先着順とし、参加者数が限度の50名を超えた場合は投句だけの参加(会場参加者分と同じ扱い)にさせて頂くこともありますので予めご了承ください。

同人句会幹事

東京都の緊急事態宣言が延長される見通しになったことから、
6月5日(土)に予定していた同人句会は「郵送方式」に変更します。

*兼題「青梅」5句を、知音誌「同人句会案内」に記載されている欠席投句送付先(小池博美さん)宛に、欠席投句と同様の方法でお送りください。

*投句締め切りは、予定していた句会当日6月5日(土)(必着)です。

尚、7月の同人句会(7月3日:兼題「青葡萄」)については、現時点では計画通り開催したいと考えていますが、このような状況下でどのようなことになるか予断をゆるしません。最新の情報をこの「知音ホームページ」でご確認ください。

同人句会幹事

3度目の緊急事態宣言発令に伴い、台東区民会館が5月11日まで使えなくなりました。
このため、5月1日(土)に予定していた同人句会は「郵送方式」に変更します。

*兼題「蚕豆」5句を、知音誌「同人句会案内」に記載されている欠席投句送付先(小池博美さん)宛に、欠席投句と同様の方法でお送りください。

*今月の投句締め切りは、1週間延長して5月7日(金)(必着)にします。

なお、6月の同人句会(6月5日:兼題「青梅」)は、計画通り開催したいと考えていますが、コロナ禍の状況次第で郵送方式に変更する「可能性」もあります。最新の情報を当ホームページでご確認ください。

同人句会幹事

東京の感染者数が500人を超え、緊急事態宣言解除後最も多くなりましたので、4月の例会は再び投句形式とします。
 ◆投句締切:4月14日(水)必着
投句の仕方及び郵送先:知音誌の「例会案内」をご覧ください。
なお例会当日は13時に会場を開けますので、会場での投句(13時半締切)も受け付けます。

知音誌の同人句会案内にもありますとおり、3月6日(土)の同人句会は、下記の要領で開催する予定です。

日 時:3月6日(土)午後2時投句締切
句会場:台東区民会館 8階 第5会議室
兼 題:「若 布」
参加対象者:苗字が、ア行、サ行、ナ行、マ行の同人会員

なお、急な状況変化も考えられますので、引き続き、本ホームページで最新の情報をお確かめください。

1月と2月の同人句会は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し「郵送方式」に切り替えることになりました。つきましては、兼題5句を、知音誌の「同人句会案内」に記載されている欠席投句送付先(小池博美さん)宛に、それぞれの同人句会開催予定日(1月23日、2月6日)まで必着で、欠席投句と同様の方法でお送りください。(同人句会幹事)