コンテンツへスキップ


平野哲斎句集
『ミラノ巻き』
2022/5/16刊行
角川文化振興財団

最愛の妻へ捧げる妻恋の句が胸を打つ、瀟洒で趣味人の著者の第一句集。

書家でもあった最愛の妻との別れをきっかけに六十代で俳句に取り組み始める。俳句を魂の棲家とし、ただ前を向いて新しい世界へ踏み出す十年間の日々を詠んだ第一句集。

◆著者略歴
平野 哲斎(ヒラノ テッサイ hirano tessai)
1948年、東京都生まれ。1974年、慶応義塾大学卒業後、野村證券入社。25年勤務後、日米仏の金融機関にて役員、代表取締役、顧問を24年務める。2011年、「知音」俳句会入会。現在、「知音」同人。俳人協会会員、国際俳句交流協会会員。観世流能楽を25年嗜む(観世流緑泉会、津村禮次郎師に師事)。


名を呼べばほうたるひとつついて来る

恋は思うひとの魂を乞うことーーー。
ほのかに口にしたその人の名にあまたの螢火の中のひとつがすうっと近付き、
彼の一歩一歩につき従う。
魂乞に応えたのは勿論いまはあの世にあるいとしき妻である。
作者の為人ひととなりにはどこか能の夢幻にも通じる憑依性があると私は思う。
(帯・行方克巳)

◆行方克巳選十句
マフラーをミラノ巻きして青山へ
啓蟄や港の船も心せく
ほほづゑの先は荒梅雨人を待つ
先達の二人欠けたり能始
遠き日の修羅を思へり夕牡丹
亡き妻の帯をベストに冬ぬくし
薄氷の綾なす風のかたちかな
剪定の小枝ばかりの堆く
名を呼べばほうたるひとつついて来る
金泥のすこし錆びたり秋扇


月野木若菜句集
『夜光貝』
(やこうがい)
2021/12/25刊行
喜怒哀楽書房

◆第一句集[つきのき わかな(1962〜)]
帯:行方克巳
序:西村和子
206頁

俳句を始めた2009年から約10年の句をまとめた著者の第一句集。
実社会で働く女性の日常のひとこまに季語を重ね、リアリティのある世界観と心の機微が味わえる作品集。

どこまでも未完の街よ渋谷冬

「いつまでも」ではなく「どこまでも」なのである。確かに渋谷はそんな街だ。
「仕事好き」を気取っていると自称する若菜さんの、仕事に対する気持ちも、やはり完結することはない。
そして、常に前向きの姿勢には強い抵抗が伴う。
しかし、若菜さんの手中の俳句が、これからも、前途を切り開いてゆくよき得物になることと信じている。
(帯・行方克巳)

◆行方克巳抄出十句
ゼムクリップ小壜に溢れ十二月
浅蜊蒸人事情報突き合せ
春かなし中島みゆきからみつく
この案もシュレッダー行き梅雨湿り
鳥渡るあいつの噂もう聞かず
線香花火黙りこくつてしまひけり
そぞろ寒迷路のやうな駅抜けて
冬至風呂反対意見独り言ち
仕事好き気取り勤労感謝の日
どこまでも未完の街よ渋谷冬


巫 依子句集
『青き薔薇』
2020/9/26刊行
ふらんす堂

◆第一句集[かんなぎよりこ(1972〜)「知音」同人]
帯:西村和子
序に代えて:行方克巳
装画:渡利章香
装丁:和兎
四六判並製小口折表紙
232頁

好きで移り住んだ
尾道ぐらしが定着したことを、
愛着をこめた句の数々が
語っている。

情熱のおもむくままに
生きてきた作者が、
大切に培って花咲かせた
風変わりな青い薔薇は、
俳句そのものにほかならない。
(帯・西村和子

◆西村和子抄出十句
待たれゐて春の靴音ファソラシド
傀儡女の血脈をふと秋の雲
落葉踏むただ踏むふはと軽くなる
冷蔵庫母の脳内垣間見し
蜜柑送る身内に詫びることばかり
波音に寝て波音に明易し
秋灯のひとつは島へ帰る船
江の奥の家に眠りて霜の声
年の夜にする話でもなけれども
カーテンの開かれぬまま花火の夜

原 川雀 著・内村 信代 訳
対訳句集『俳句 その風景』
2020/6/1刊行
朔出版

原川雀・内村信代のコンビによる対訳句集・第二弾!

日本語と英語の二か国語で、俳句約70句と自解を紹介。
エッセイ「季語の本質と翻訳」(Nature of seasonal words “Kigo”and translation)、「薬師寺から唐招提寺へ」
(A walk from Yakushiji to Toshodaiji Temple)も同時掲載。

◆帯文より​
‶リビング”  から  ‶ダイニング・キッチン” へ

今でこそ様々な句が外国語に翻訳される機会が多くなったが、川雀さんの最初の対訳句集『天平の落書』は、かつて俳句の ‶リビング″へ外国の友人を招待するという画期的な試みであった。
それから15年、『俳句 その風景』は、俳句の心をより正しく伝達し、深いもてなしの心で、友人を彼の ‶ダイニング・キッチン″へ招くという、さらに一歩進めた企画である。彼をよく理解する信代さんの支えが大きいことは言うまでもあるまい。(行方克巳)


From the “Living Room” to the “Dining Kitchen”​

Nowadays, there are many opportunities to translate various haiku into a foreign language, but Senjaku’s first bilingual collection, “ Graffity of Tenpyou” was an epoch-making attempt to invite foreign friends to his “Living Room”. Fifteen years since then, “ Scenery of the Haiku” is a project that goes a step further, inviting friends to his “Dining Kitchen” with a deeper hospitality that conveys the heart of haiku even more.It goes without saying that Nobuyo, who understands him well, has supported his project greatly. (Katsumi Namekata)

 

◆本文より

盆提灯点れるところより暮るる

季語は「盆提灯」で秋。秋の初め頃、各地で死者の霊を迎える盆の行事が行われる。家々の玄関には死者への道標として提灯が吊るされる。次第に日が暮れ、町に夕闇が迫るころ、提灯に灯が点される。普通は提灯が灯ったところが明るくなるものだが、提灯の点る辺りから暮れ始めるように作者は感じた。灯がともることで、対比的に周りがより暗く見えるからであろう。

As they are lit up, surroundings of
the BON-CHOUCHIN becomes darker

The seasonal word is “BON-CHOUCHIN”of fall. They are lanterns that are lit during the BON event. Around the beginning of autumn, BON events are held in various places to welcome the spirit of the dead. Lanterns are hung at the entrances of the houses as a guide to the dead soul. As the sun goes down and the dusk approaches, the lanterns are lit. Normally, the place where the lanterns light up becomes brighter, but the author felt that other way. The surroundings appear darker by contrast with the lantern light.

知音代表 西村和子が、この度、第八句集「わが桜」を上梓しました。

西村和子 第八句集
『わが桜』
2020/8/3刊行
角川書店
花便り待つや京にも我が桜

ひそかに思い決めた「わが桜」――見ることが叶わなくても、心によみがえらせ、詠む。平成26年から平成31年までの句を収めた第八句集。

◆自選12句
流水の通奏低温夏館
たんぽぽの絮は吹くより蹴つ飛ばせ
水音は冬へ落葉の音午後へ
菠薐草の子ふたりに血を分かち
花便り待つや京にも我が桜
うき世より一寸浮きて梅雨籠
草の根の力を恃み七日粥
枯れてなほみ仏に夢見る力
恋人より恋心惜し革手袋
身の内の隙間風聴く夜の底
流氷のひそと寄せ来てひしと組む
若布干す虫養ひにつまみつつ

◆「あとがき」より
前句集以後七十歳までの作品を纏めた。そのうち平成二十九年の一年間は俳句日記『自由切符』に収めたので、この年の句は少ない。
心ひそかに私の桜と思い決めて、毎年見にゆく花がある。ひとつは終の住処と定めた多摩川のほとりの老木。夫と最後の花見をした桜だ。樹下の輪から抜け出て来た青年が、シャッター押しましょうか、と撮ってくれた写真が今も居間に飾ってある。翌年からは、ひとりで花に語りかけている。
今ひとつは夫の菩提寺、京都の金戒光明寺の山門の桜だ。墓参のたびに仰ぎ、十五年になろうとしている。いずれ私もこの地に眠り、満開の枝越しに京の町を眺めることになるだろう。
毎年夏を過ごす群馬県草津にも、私の桜がある。五月の連休が過ぎた頃、のびのびとした総身にようやく満開を迎える色濃い花だ。ここでも句を詠みかけることにしている。
ところが今年の疫病流行で、京都にも草津にも行けなくなった。多摩川の土手の桜は、はやばやと蕾をつけ、例年よりも長い間花の枝をさしのべてくれていた。訪ねることが叶わなかった桜を思いつつ、第八句集の題名とした。


加藤 爽 句集
『白鳥』
2020/3/25刊行
角川文化振興財団

◆第一句集
序:西村和子
装丁:大武尚貴

生きるべき土地と
愛しい家族への深い思いーー。
詩的情念はときに熱き血のごとくほとばしる。
(帯・行方克巳)

◆行方克巳選 十二句抄
風止めば雪道のほの温きかな
製材所うなり入道雲光る
村眠る羽二重餅のやうな雪
地吹雪の明るく何も見えない日
みかん箱ほどに切り分け雪下ろす
ががんぼの己追い詰めゐるばかり
大氷柱象牙のやうに反りたがる
少し血を分けてください曼珠沙華
カルメンと名付けし薔薇を放任す
別れとは永久に待つこと二つ星
言へぬこと言はぬこと増え日記買ふ
どろんこの靴散らばつて春近し


佐瀬はま代句集
『一日』(いちじつ)
2020/3/26刊行
ふらんす堂

◆第一句集[させはまよ(1954〜)]
序:西村和子
題簽:佐瀬康志
装画:佐瀬浩史
挿画:大塚友佳子
装丁:和兎
四六判フレキシブルバックカバー装
198頁

少年は一塊の熱七月来

十年一日の如し、と言うがはま代さんにとっての十年は
さまざまなことを経験し、学び
風のように走り抜けた歳月だった
これからの十年は
ゆっくりと自分の一歩一歩を確かめながら
はま代さんらしい表現を身につけてゆく、
そういう時代になってゆくだろう
(帯・行方克巳)

◆自選十句
白シャツの一群に夫見失ふ
まつ青な空へ捨てたる榠樝の実
老鶯の声みづうみを辷り来る
流氷や旅のベッドの軋みたる
木の実踏むわざと踏む悉く踏む
雪といふことばを教ふ抱きあげて
フリージア光のごとき水に挿し
首手首心もとなし走り梅雨
物乞ひの少女膝抱く片かげり
蝶ふつと消えて背高泡立草


くにしちあき句集
『国境の村』
2019/11/27刊行
ふらんす堂

◆第一句集
[くにしちあき(1949〜)]
帯:行方克巳
序:西村和子
装丁:和兎
四六判並製クータ・バインディング
200頁

国境の村の魔除けのたうがらし
勤勉な汗の匂ひとすれ違ふ

少女のころから フランス語とフランス文化にしたしみ、グローバルな視野を育ててきたちあきさん
日本の風土と生活に根を下ろした今、独自の感性とスタイルを備えたちあきさんの俳句が育ちつつある――
(帯・行方克巳)

◆行方克巳抄出
春風といそつぷ橋を渡りけり
マフラーと詩を贈らるる誕生日
寒夕焼け口中にふと鉄の味
迷ひつつ紋白蝶のまだ迷ひ
コクリコや恋知り初めし頃のこと
青胡桃ひしめき合つて尖がつて
栗割ればモンマルトルの匂ひ立つ
勤勉な汗の匂ひとすれ違ふ
国境の村の魔除けのたうがらし
群れながらてんでばらばら夜の金魚


吉田林檎句集
『スカラ座』
2019/8/29刊行
ふらんす堂

◆第一句集
[よしだりんご(1971〜)
帯:行方克巳
序:西村和子
装丁:和兎
四六判並製小口折装
204頁

初仕事去年の我よりメモひとつ

机上にある自分自身のメモは、初仕事として今日しなければならぬことーー。
明日への課題を日々の心に書き止めながら、吉田林檎の進むべき一歩一歩が見えてくる。
(帯・行方克巳)

◆自選十句
この紐をどこに通すやサンドレス
眼鏡の子存外疾し運動会
コート着る着ない無理やり着せにけり
笑ふこと悲しき夜なり雪催
白魚のどれも驚愕してゐたる
手を洗ふあぶくだらだら春の昼
水中花思ひはなれしときひらく
アイスコーヒー飲み干して働くか
まな板の裏まで濡らし西瓜切る
映画館出でて銀河の底歩む

知音代表 行方克巳が、この度、第八句集「晩緑」を上梓しました。

行方克巳第八句集
『晩緑』
2019/8/1刊行
朔出版

青葉雨 死もまた一身上の都合

「知音」代表の最新句集。「晩緑」とは、「新緑」すなわち初夏の若葉の緑に対して、終わりかけの緑を表す。人生の感慨を季語に託し、軽やかに詠いあげた第八句集。

◆自選12句
遠くより呼ばれて昼寝覚めにけり
致死量に足らざる鬱や秋かはき
狡猾な眼をして鮫のひるがへる
無味無臭而して無策冴返る
泥抽いて泥の光の蘆の角
茅花流し母のことその母のこと
万華鏡の中の秋風見てゐたる
柿一つ買ひ今生の秋一つ
鰭酒に舌焼き虚実皮膜論
都鳥水の火宅もありぬべし
北風やお日さまといふよきことば
立ち枯るる男たるべし荒野(あらの)打つ

◆「あとがき」より
「慶大俳句」に参加して、清崎敏郎師や、楠本憲吉、杉本零氏等の知遇を得て、俳句にのめり込んでから、またたく間に半世紀以上の歳月が過ぎ去った。
昭和、平成そして令和を迎えた今も、「季題発想」という私の作句信条は変わることはない。
また、俳句は「何を詠まなければならないのか」ではなく、「何をどう詠めばいいのか」であるという私の気持ちもは変わらない。
この度の句集名は「新緑」に対しての「晩緑」という心である。
もし、私の作品が人の心に届きにくいとしたら、それは私の表現力が至らぬためである。心して表現力を磨くことに励みたいと思う。