コンテンツへスキップ

知音 今月号

知音 2021年5月号を更新しました

駒返る草  西村和子 桃活けて離れ住む子の誕生日 山茱萸を挿頭し古墳の主や誰 紫木蓮ひとひら裏を覗かせし 春の風邪心地ふしぶしぎこちなく 亀鳴くや練塀長き綾小路 駒返る草に自転車乗り捨てて ひもすがら鳴り響動とよむなり木 ... "知音 2021年5月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年4月号を更新しました

水の器  西村和子 初旅や東海の山名乗り出て 鈴鹿嶺に畝を集めて麦青む 伊吹山雪の拳骨固めたり 天霧の風巻しまけり雪の伊吹山 大いなる水の器の初霞 坪庭の明かりさす窓茶房冬 松過のロビーに聳ゆ猫柳 底冷や画廊の奥の絵の燃 ... "知音 2021年4月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年3月号を更新しました

冬 籠  西村和子 揺り椅子の軋みに抱かれ冬籠 読みさしも詠みさしも愛をし冬籠 こま切れの時間大切日短か 寒鴉松の威を借り月を負ひ その声の凄み帯びたり寒鴉 寒鴉うつて変はりし愛の声 寒鴉色艶増して人も無げ 寒禽のこゑの ... "知音 2021年3月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年2月号を更新しました

懐 剣  西村和子 初富士の鬣けぶる車窓かな 年酒酌む遺影に語りかけられて ダリの牛古径の丑と賀状来る 懐剣の丈の見えたり語り初 安普請隠しもあへず花八手 花八手老の待ち伏ここに又 花八手都に鬼門不浄門 遠隔会議中座画面 ... "知音 2021年2月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年1月号を更新しました

跳梁跋扈  西村和子 マフラーや口ごもるとき句が生まれ マスク捨てひと日の徒労葬りぬ 立錐の炎と化せりスケーター 午後の日の失せて筆擱く膝毛布 花びらのめらめら冷ゆるポインセチア 灯を消せばポインセチアの緋も消えし 狐火 ... "知音 2021年1月号を更新しました" を続けて読む