コンテンツへスキップ

知音 今月号

知音 2021年8月号を更新しました

梅雨籠  西村和子 七変化住み替はりしはいくたびぞ 紫陽花や小路隠れといふ昔 梅雨めくやどこかで鋼削る音 梅雨雲の行方たしかむ鼻眼鏡 門古りぬ枇杷の大木もてあまし 梔子のくりいむ色の絞りたて 小窓よりチェンバロの音時計草 ... "知音 2021年8月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年7月号を更新しました

卯の花腐し  西村和子 沿道の泡立つ卯の花腐しかな 卯の花腐しあづま路の果までも 独りに倦み卯の花腐しにも倦みし 段なして横山誘ふ青嵐 鶯老を鳴く東京を出る気なく 過ぎてより気づく師の忌や若葉寒 疲れ目を養ふ新茶汲みにけ ... "知音 2021年7月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年6月号を更新しました

明日は  西村和子 町並と育ちあめりかはなみづき 木から木へ風を手渡し花水木 門川がはこぶ落花も夕づきぬ 蘂隠しあへず吹かるる白牡丹 葉づくろひをさをさ風の白牡丹 咲き重り明日は崩るる白牡丹 パルチザン映画序幕の揚雲雀 ... "知音 2021年6月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年5月号を更新しました

駒返る草  西村和子 桃活けて離れ住む子の誕生日 山茱萸を挿頭し古墳の主や誰 紫木蓮ひとひら裏を覗かせし 春の風邪心地ふしぶしぎこちなく 亀鳴くや練塀長き綾小路 駒返る草に自転車乗り捨てて ひもすがら鳴り響動とよむなり木 ... "知音 2021年5月号を更新しました" を続けて読む

知音 2021年4月号を更新しました

水の器  西村和子 初旅や東海の山名乗り出て 鈴鹿嶺に畝を集めて麦青む 伊吹山雪の拳骨固めたり 天霧の風巻しまけり雪の伊吹山 大いなる水の器の初霞 坪庭の明かりさす窓茶房冬 松過のロビーに聳ゆ猫柳 底冷や画廊の奥の絵の燃 ... "知音 2021年4月号を更新しました" を続けて読む