コンテンツへスキップ

知音 今月号

知音 2023年1月号を更新しました

憂国忌  西村和子 玲瓏と冬天朗々と鳶 禍事を祓へたまへや銀杏散る 手品師の鳩紛れをる冬日向 綿虫やひとりごころを嗅ぎつけて 綿虫や御納戸色を纏ひたる 憂国忌天の金瘡擦過傷 残照に梢をののく憂国忌 憂国忌罪悪感のいづこよ ... "知音 2023年1月号を更新しました" を続けて読む

知音 2022年12月号を更新しました

稲 光  行方克巳 夕月夜桟橋はひと悼むところ 稲光いま無呼吸のわれならずや 稲光つひのひとりと思ひけり 灯火親し見ぬ世の友も見しひとも 世渡りの栗羊羹も酒もよし 栗羊羹の歯形いやしき男かな 水深のごときゆふぐれ迢空忌 ... "知音 2022年12月号を更新しました" を続けて読む

知音 2022年11月号を更新しました

稲 雀  行方克巳 九十九里浜秋は薄刃のごと翳り 秋の浜座れば砂のあたたかく 稲雀憎く雀の憎からず 稲雀投網打つたり峡の空 一陣の返せば二陣稲雀 蛇笏忌や後ろ手の何考へる 蛇笏忌や酒のごとくに水銜み 段ボール抱へて何処へ ... "知音 2022年11月号を更新しました" を続けて読む

知音 2022年10月号を更新しました

西馬音内盆踊り  行方克巳 立てかけしごとをちの滝こちの滝 山清水くねりつつ行く葛の花 爪に火を点す浮世を踊りけり やさしうてごつうて男踊りかな きはめつき男踊りの女かな 帰るさの彦左頭巾をはね上げて 暗がりに踊り崩れの ... "知音 2022年10月号を更新しました" を続けて読む

知音 2022年9月号を更新しました

佐渡薪能  行方克巳 うちなびき草も青田もおけさぶり 峠越島にもありて花さびた 炎天を行く癋見がほ仏がほ 鳶の笛ひいよひよろと薪能 海山の間昏れ切り薪能 忘れ草咲いて忘れぬことひとつ 波音のとんどとんどと夏障子 鬼太鼓の ... "知音 2022年9月号を更新しました" を続けて読む