コンテンツへスキップ

知音 今月号

知音 2020年3月号を更新しました

血の管  行方克巳 初寝覚黄泉平坂より電話 雑煮椀洗ふひとりの水つかふ 風呂吹を吹いて不器用あひ似たり 血の管の耐用年数寒の雨 寒の水愚直の十指焠ぐべく 大寒の我に一瞥ホームレス 大寒や術なき木偶の足づかひ 死神に耳うち ... "知音 2020年3月号を更新しました" を続けて読む

知音 2020年2月号を更新しました

日向ぼこ  行方克巳 目も鼻もなき短日の木偶であり 葉書いちまい手にして湯冷めごごちかな 父を謗り母を叱りて寒さむや夢 おめえらと一括りされ日向ぼこ 火の付かぬ焼けぼつくいや日向ぼこ 日向ぼこ地獄見て来し顔ばかり 狡辛い ... "知音 2020年2月号を更新しました" を続けて読む

知音 2020年1月号を更新しました

令和元年  行方克巳 海桐の実弾けけふより膝栗毛 草の絮吹かれみちくさほどの旅 かの旅のみなかみ紀行しぐれ傘 牧水の気息の筆や冬あたたか 冬海やわれも眼のなき魚にして 露葎踏んで轍の行き止まり 寒禽の羽搏く光まみれかな ... "知音 2020年1月号を更新しました" を続けて読む

知音 2019年12月号を更新しました

飛礫文字  西村 和子 虚子ここに住みし証の露の石 草の花ここらも虚子の散歩道 色変へぬ松を誇れり五山二位 道場の墨痕難解無窻の忌 飛礫文字めく初鴨の十あまり 身に入むや無相無願に遠くして なからひのほどもいつしか秋深し ... "知音 2019年12月号を更新しました" を続けて読む

知音 2019年11月号を更新しました

霧の香  西村 和子 街路樹の野分の傷の青臭き 小鳥来る潮いたみせし大樹にも 前山の霧湧く音か谿声か 端近に坐せば霧の香谷の音 霧流れ前山の時とどまれる 杉山の気息に応へ霧蒼し 翔り啼く山鳥霧を劈きて 秋の夜の旅の終はり ... "知音 2019年11月号を更新しました" を続けて読む