コンテンツへスキップ

◆特選句 西村 和子 選

旅人の伏し目がちなる焚火かな
小山良枝
「焚火」の前に立つと、原始人の感覚が甦ります。近年市街地での焚火が禁止されているのは残念なことです。この「旅人」は都会人なのでしょう。なにか屈託や事情を抱えているようです。焚火の向こうの暗闇を感じます。(井出野浩貴)

 

手袋を貰ひ仲間にしてもらふ
板垣もと子
仲間でお揃いの「手袋」をしているのでしょうか。十代後半の女の子という感じがします。ほかのものでも良さそうなものですが、寒風吹きすさぶ日に「手袋」をしたときのような、温かい仲間なのでしょう。(井出野浩貴)

 

首出して気づくセーター後ろ前
西山よしかず
だれもがこんなことをした経験がありそうです。ただ事実を描写しただけですが、はからいのない詠みぶりに、くすりと笑わされてしまいます。(井出野浩貴)

 

人影と思へば鏡冬館
小山良枝
鏡に映ったおのが姿に、それとは知らずたじろいだ――それも静まりかえった「冬館」なればこそでしょう。試みに季語を「夏館」に入れ替えて比べてみると、「冬館」が最適であることが明らかです。(井出野浩貴)

 

父の忌やブランデー注ぎ胡桃割る
矢澤真徳
亡き父上がお好きな組み合わせだったのでしょうか。「ブランデー」と「胡桃」にゆったりとした豊かな時間が流れます。故人の人となりが偲ばれます。(井出野浩貴)

 

笑ふしかなくて笑ふや冬夕焼
田中優美子
「しかなくて」ということは、本当はつらい状況なのです。久保田万太郎の<木の葉髪泣くがいやさにわらひけり>に通ずるものがあります。季語「冬夕焼」が語っています。(井出野浩貴)

 

銭湯の煙も暮れて水巴の忌
矢澤真徳
渡辺水巴の忌日は八月十三日です。残暑は厳しいのですが、夕方には秋を感じはじめる頃です。銭湯の煙に夕刻のあわれを見出す感性は、水巴の<ひとすぢの秋風なりし蚊遣香>と響きあいます。(井出野浩貴)

 

ちぐはぐな老いの会話や日向ぼこ
若狭いま子
長年連れ添ってきた老夫婦と思われます。ちぐはぐな会話でも、まあいいかと思えるのはこれまでの歳月の積み重ねがあるからでしょう。季語「日向ぼこ」がすべてを語っています。(井出野浩貴)

 

石蕗の花棚田は今も野面積み
森山栄子
どこだろうと調べてみたら、佐賀県唐津市の蕨野の棚田が野面積みで知られているようです。収穫が終わって田んぼは枯れ色ですが、黄色い「石蕗の花」が野面積みの石垣に映えているのでしょう。静かな初冬の風景が描けました。(井出野浩貴)

 

夜半の雨あがり青木の実の真紅
奥田眞二
「青木の実」は、冬の寂しい庭に真っ赤な色を添えてくれます。幼い頃集めて遊んだ人も多いせいか、郷愁を誘います。雨に洗われた赤い実を提示するだけで、庭のたたずまいも見えるようです。(井出野浩貴)

 

 

◆入選句 西村 和子 選

読みさしの「みなかみ紀行」秋深し
(読みさしの「みなかみ紀行」秋深む)
穐吉洋子

刈田より煙二筋青空へ
(青空へ煙二筋苅田より)
長谷川一枝

菊日和楽屋より猿出て来たり
五十嵐夏美

手を振れば汽笛鳴らして渓紅葉
鈴木ひろか

枯菊の色失はず折れもせず
小野雅子

机から手をつけたりし煤払
(机から手をつけてみる煤払)
鏡味味千代

住む人の今なき庭の秋薔薇
千明朋代

秋落暉一直線に海走る
(海走る一直線の秋落暉)
鎌田由布子

風音に後れて銀杏黄葉散る
藤江すみ江

仏頭のごろり落葉の骨董市
田中花苗

冬あたたかマシュマロひとりひとつづつ
(冬あたたかマシュマロひとり一つづつ)
松井伸子

焼芋屋日がな通りを眺めをり
(焼芋屋通りを日がな眺めをり)
森山栄子

天井の奏楽天女秋の声
田中花苗

落葉焚一直線に煙立つ
(落葉焚き一直線に煙立つ)
岡崎昭彦

初時雨三井の晩鐘くぐもりて
中山亮成

歩くより這ひ這ひ速し冬日和
(歩くよりハイハイ速し冬日和)
田中花苗

川底の石も光れる小春かな
(川底の石も光りて小春かな)
岡崎昭彦

水鳥や同心円の波紋立て
岡崎昭彦

産土の社に佇てば秋気澄む
千明朋代

早朝の刈田の空へ気球かな
鈴木ひろか

掘割の白壁を染め冬紅葉
(掘割の白壁染める冬紅葉)
中山亮成

物音の絶えたる我が家冬籠
三好康夫

本堂へ軋む回廊菊かをる
小松有為子

秋の雲さらりと別れ告げゆけり
松井洋子

文化の日子に缶バッジもらひたる
松井伸子

秋気澄む立山連峰水色に
(水色に立山連峰秋気澄む)
藤江すみ江

竹箒音歯切れ良き冬来る
(歯切れ良き竹箒の音冬来る)
岡崎昭彦

軽く手を挙げし別れや冬に入る
中花苗

よそ行きの毛皮のコート母の香よ
チボーしづ香

境内の耀ふところ桂黃葉
五十嵐夏美

朝寒や点点点と作業灯
(朝寒し点点点と作業灯)
小野雅子

龍淵に潜みて雲の自在なり
森山栄子

くすみたるステンドグラス冬に入る
(くすみたるステンドグラス冬はじめ)
鈴木ひろか

焼芋をねだる子の目のまん丸き
鏡味味千代

公園の隅のテントの菊花展
五十嵐夏美

ぱらぱらとめくりてたどる古日記
西山よしかず

丹精の黄菊自慢の荒物屋
五十嵐夏美

惣門の朽ちゆくばかり櫨紅葉
(惣門の朽ちゆくばかりはぜ紅葉)
松井伸子

大半は入院日記となりにけり
西山よしかず

色変へぬ松の生垣名門校
三好康夫

冬雲の裂け目貫く火矢の筋
西山よしかず

菊人形遠き炎を見てをりぬ
(菊人形遠い炎を見てをりぬ)
小山良枝

地に満つる銀杏落葉といふ光
田中優美子

月冴ゆる温泉津ゆのつの町を下駄鳴らし
巫依子

次郎柿ぱんぱんに日を照り返す
森山栄子

駐車場フェンスも借りて掛け大根
(駐車場フェンス借りたる掛け大根)
穐吉洋子

旅終へて予報通りの冬の雨
鎌田由布子

白々と大川べりの枯芒
(白々と大川べりに枯芒)
若狭いま子

笑顔にはなれぬ二人や落葉踏む
鏡味味千代

手を当てて開運柱冬ぬくし
田中花苗

心身の清まる思ひ菊膾
若狭いま子

海昏れて漁火冴ゆる旅の窓
巫依子

枯蓮の下の世界の真暗闇
西山よしかず

掃き寄せて侘助の白穢しけり
水田和代

濃く薄く枝を広げて冬紅葉
飯田静

半世紀同じ家計簿冬に入る
飯田静

雪螢金地院へと消えゆけり
巫依子

銀杏散る千秋楽の中村座
箱守田鶴

冬の月骨格標本めく木立
(冬の月骨格標本なる木立)
鏡味味千代

 

 

◆今月のワンポイント

 「深む」は他動詞

今回、<読みさしの「みなかみ紀行」秋深む>という句が、<読みさしの「みなかみ紀行」秋深し>へと添削されています。辞書を引いていただきたいのですが、「深む」は口語の「深める」の意味の他動詞であり、「深まる」という意味では本来使えません。ですから、「秋深む」でも「秋深し」でも通用するときは「秋深し」にすべきでしょう。

ただし、文芸は文法がすべてではありません。

冬ふかむ父情の深みゆくごとく 飯田龍太

このような名句を前に文法を云々しても野暮というものでしょう。ついでに紹介しておくと、

除夜の湯に肌触れあへり生くるべし 村越化石

という句があります。本来「べし」は動詞の終止形に接続しますから「生くべし」が正しいのです。<この町に生くべく日傘購ひにけり>(西村和子)のように。けれども、化石の句はたとえ文法的には誤用であっても、リズムが心境を語っていて一字たりとも揺るぎません。師匠の大野林火も直しませんでした。

かように圧倒的な名句が生まれるならば、破格は問題になりませんが、われわれは文法に則った作句を心がけましょう。

井出野浩貴

◆特選句 西村 和子 選

午後からの散歩再開初紅葉
鈴木ひろか
秋の半ばを過ぎても暑い日が多く、これまでは散歩も控えがちだったのでしょう。「初紅葉」という季語は、すがすがしい秋の空気と日差しを感じさせてくれます。どこまでも歩いて行けたことでしょう。(井出野浩貴)

 

歳時記にしをりて去年のはぜ紅葉
松井伸子
櫨紅葉の形と大きさは栞にするのにうってつけですが、その年のものよりも、一年経って乾燥したもののほうが栞にするのによいのでしょう。書いてありませんが、今年の櫨紅葉も美しい頃なのだろうと想像されます。(井出野浩貴)

 

どこからも見ゆる高さに石蕗の花
水田和代
「石蕗の花」は意外に茎が長く、イメージよりも高いところに咲いています。「どこからも見ゆる高さ」はやや大げさかもしれませんが、雰囲気をよくつかんでいます。(井出野浩貴)

 

芒原隠し湯までの幾曲がり
小野雅子
「芒原」が効いています。しかも「幾曲がり」ですから、何百年も前からひそかに伝わる隠し湯なのでしょう。傷ついた戦国武将が湯治したような場所だろうかと想像されます。(井出野浩貴)

 

知らぬ間に離れ離れや茸狩
矢澤真徳
夢中になっているうちに森の中でつれと離ればなれになってしまいました。晩秋は日が暮れるのが早く、心細くなってきます。「茸狩」が働いてそんな心理も読み取れます。(井出野浩貴)

 

日の差してひときは桂黄葉かな
飯田静
「桂黄葉」の美しさはもっと詠まれてもいいでしょう。「日の差して」と「かな」だけで、青空と黄葉のコントラストが表現できています。贅言を避け、切れ字「かな」に感慨を託した点がすぐれています。(井出野浩貴)

 

銀行へ郵便局へ秋暑し
小山良枝
些事雑事に追い立てられる様子が「銀行へ郵便局へ」から伝わります。「忙しい」「煩わしい」などの言葉を使わず「秋暑し」にすべてを語らせました。もしすべてを語ったら、ただの愚痴ですが、季語に語ってもらえば詩になるという好例です。(井出野浩貴)

 

初鵙の声のせつかち前のめり
三好康夫
「鵙」の鋭い鳴き声は、秋の訪れを感じさせます。その声が「せつかち」で「前のめり」と畳みかけたところが表現としておもしろい句です。澄みきった空気の感触が伝わります。(井出野浩貴)

 

木の実落つ音と暫く気が付かず
山田紳介
存外大きな音が森に響きました。音をいうことで、かえって晩秋の森の静けさが際立ちました。先生の添削は入っていませんが、「落つ」は文法的には「落つる」であるべきところです。ここはリズム重視ということでしょう。(井出野浩貴)

 

蛇笏忌や父の着物に煙草の香
小野雅子
「蛇笏忌」は十月三十日。季語がぴたりと決まっています。着物姿で煙草をくゆらす俳人はほかにも大勢いそうですが、ほかの人の忌日ではいまひとつです。「蛇笏忌」は来たるべき厳しい甲斐の冬を予感させます。

莨愉し秋は火光をひざのはに 飯田蛇笏

(井出野浩貴)

 

山鳩のほほうと鳴いて秋深し
松井伸子
山鳩の寂しい鳴き声に秋の深まりを感じました。やがて冬が来て

山鳩よみればまはりに雪がふる   高屋窓秋

ということになります。(井出野浩貴)

 

露踏むや熊よけの鈴先頭に
牛島あき
「露踏む」と「熊よけの鈴」で秋の山道の様子が見えてきます。獣の領分に踏み行っていくときのある種のおののきが表現されています。(井出野浩貴)

 

 

◆入選句 西村 和子 選

今朝の秋野の草々にひざまづき
千明朋代

落日の光芒に映え泡立草
若狭いま子

家並の尽きて波音葛の花
森山栄子

読みかけの本ばかりなり夜の長き
(読み掛けし本ばかりなり夜の長き)
長谷川一枝

ひよんの笛教はる前に鳴らしみる
(ひよんの笛教はる前にもう鳴らし)
松井洋子

参道を逸れて茸の仄白し
森山栄子

誰来しと振りむく間にも木の実落つ
宮内百花

タイヤ痕残る砂浜冬隣
鈴木紫峰人

老犬の眠る日溜り小鳥来る
松井洋子

宿一歩出づれば森よ朝時雨
藤江すみ江

楽流れ人々流れ駅の秋
(楽流れ人体流れ駅の秋)
中山亮成

高原の牧下りる馬冬近し
松井伸子

新涼やいつもと違ふ道を行く
黒木康仁

越中の甍黒々稲穂風
(越中の甍黒々稲田風)
藤江すみ江

縁側のなき家ばかり虫すだく
松井洋子

湖に筑波うつれり蝗とぶ
佐藤清子

もういいと逝きたる父や秋の暮
チボーしづ香

色変へぬ松の葉先の雨雫
鈴木ひろか

稲妻や次の言葉を待ちをれば
森山栄子

林檎剥く言葉少なくなりし子へ
(林檎剥く言葉少なになりし子へ)
森山栄子

ドロップの次は何色紅葉狩
(ドロップの次は何色紅葉狩り)
深澤範子

山小屋のぐるり薪積む薄紅葉
飯田静

草紅葉ジャージー牛の尻尾揺れ
木邑杏

笛方はポニーテールや秋祭
田中花苗

朝寒や鏡の奥の老いの顔
岡崎昭彦

満月によりそふごとき星一つ
千明朋代

もつれつつ屋根を越えたり秋の蝶
田中花苗

祖母と寝し離れの匂ひ式部の実
(祖母と寝た離れの匂ひ式部の実)
佐藤清子

クリーニング店に貼紙秋祭
小山良枝

板チョコをぱきつと割りて天高し
緒方恵美

秋夕焼赤城の山の黒々と
長谷川一枝

スニーカー紐きゆつと締め翁の忌
(スニーカーの紐きゆつと締め翁の忌)
小野雅子

たまさかにざぶんとくだけ秋の波
(たまさかにザブンとくだけ秋の波)
鈴木紫峰人

赤とんぼ疲れしごとき朱なりけり
長谷川一枝

一斉に咲きマンションの金木犀
板垣もと子

掃き清められし路地裏菊日和
矢澤真徳

初鵙や朝日に染まる枝先に
三好康夫

数珠玉てふ響きを舌にまろばせり
(数珠玉てふ響きを舌に遊ばせり)
田中優美子

海岸へ一本道や秋夕焼
(海岸へ一本道や秋夕焼け)
鎌田由布子

数珠玉を宝石のごとしまふ子よ
田中優美子

死神の付いて来るなり秋の陰
鎌田由布子

松山の城下をあげて秋祭
若狭いま子

爽やかやパン食ひ競争腰落とし
宮内百花

木犀や法然院に至る道
(木犀は法然院に至る道)
黒木康仁

見晴るかす水天一碧秋惜しむ
鎌田由布子

ジャンケンにまたも負けたり赤のまま
山田紳介

秋の灯や「むかしむかし」といふ酒場
小野雅子

秋深しリモートワークにも慣れし
(リモートワークにも慣れ秋深し)
鎌田由布子

秋の潮真青遊覧船真つ黄
鈴木ひろか

マンションのエントランスに虫の声
深澤範子

防人の越えし山坂草紅葉
牛島あき

鴛鴦のいさかひゐても絵のごとし
(鴛鴦やいさかひゐても絵のごとく)
荒木百合子

秋晴や集会のごと鴉群れ
五十嵐夏美

君去ればしきりに落つる木の実かな
山田紳介

残る虫賽銭箱にひそみゐる
千明朋代

栗を剥く紬の母の白寿かな
佐藤清子

なかなかに回らぬものや木の実独楽
小松有為子

木の実掌に言ふべき言葉選びをり
緒方恵美

畑中に滑走路延べ秋高し
藤江すみ江

少女らに記念日多し秋うらら
森山栄子

みちのくの空を風ゆく芒原
小野雅子

緬羊の尻まるまると秋深し
鈴木紫峰人

 

 

◆今月のワンポイント

「 消ゆ冷ゆ越ゆ老ゆ悔ゆ報ゆ燃ゆ甘ゆ

ちょっと字余りの六七五ですが、ヤ行で活用する代表的な動詞です。

ヤ行上二段活用「老ゆ」「悔ゆ」「報ゆ」の三語しかありません。
「消ゆ」「冷ゆ」「越ゆ」「燃ゆ(萌ゆ)」「甘ゆ」ヤ行下二段活用です。

ヤ行ですから、未然形は「老いず」「悔いず」「報いず」「消えず」「冷えず」「越えず」「燃えず」「甘えず」となります。

今回、「越へて」「消へて」と表記している人がいましたが、正しくは「越えて」「消えて」(ともに連用形)となります。
迷ったときは、終止形は何かと考えてみましょう。

井出野浩貴

◆特選句 西村 和子 選

コスモスの手入れしすぎてつまらなく
荒木百合子
コスモスは外来種でありながら日本の秋の風景に馴染んだ稀有な花です。可憐でありながら自由気儘に生い茂る点に魅力があると言えましょう。「手入れしすぎてつまらなく」は、なんでもない表現ですが、コスモスのたたずまいをよく表現しています。(井出野浩貴)

 

歌詠みの来れば群るる赤とんぼ
松井 洋子
歌詠みが来ても来なくても赤とんぼにはかかわりのないことですが、妙に納得させられる句です。
「殺してもしづかに堪ふる石たちの中へ中へと赤蜻蛉(あきつ) ゆけ」(水原紫苑)
(井出野浩貴)

 

ひと雨の上がりてよりの良夜かな
巫  依子
せっかくの十五夜なのに雨なのかとがっかりしていたら、雨が上がり月が出てくれたのです。雨上がりの夜の空気の清らかさを感じさせてくれます。(井出野浩貴)

 

椋鳥の千羽こぼるる大樹かな
緒方 恵美
椋鳥は留鳥ですが、秋の暮になるとやたらと群れる不思議な習性があります。数えようもありませんが、「千羽」と言い切って成功しました。「こぼるる」は大げさですが、大樹にすらも収まりきらぬ群れの大きさと姦しさを表現し得ています。(井出野浩貴)

 

刺されたり屋上に棲む秋の蚊に
若狭いま子
こんなところで刺されてしまったという意外さが、はからずも句になりました。「秋の蚊」は人間には迷惑なものには違いありませんが、まだ生き残っているものへの哀れみもこめられた季語でしょう。「蚊」では句になりませんが、「秋の蚊」だと味わいがあります。(井出野浩貴)

 

萩くくる一枝のこらず抱き寄せて
牛島 あき
際に萩をくくったときの実感が「抱き寄せて」というさりげない表現にこもっています。散りこぼれている萩の花も見えてきます。萩の花への愛情が感じられます。(井出野浩貴)

 

沿線に学校多し新松子
小山 良枝
郊外に伸びる鉄道の沿線が思われます。実際にはそのような地域もひたひたと高齢化が進んでいるのかもしれませんが、新松子のすがすがしさと、学校から聞こえる若者の声が響きあうようです。(井出野浩貴)

 

遮断機の上がり再び虫時雨
鈴木ひろか
踏切の警告音と通過する電車の音が消えた瞬間を、「遮断機の上がり」でうまく表現しました。なんとはなしに、人の営みのはかなさを感じさせます。(井出野浩貴)

 

讃美歌を口遊みつつ葡萄狩
木邑  杏
葡萄とキリスト教には親和性があります。
「弥撒のヴェール透して熟るる黒葡萄」(殿村菟絲子)
「黒葡萄祈ることばを口にせず」(井上弘美)
など。
この句は「口遊みつつ」と軽やかに詠んでいる点が魅力です。(井出野浩貴)

 

大いなる風を起こして猫じやらし
山田 紳介
風になぶられるまま無抵抗なのが猫じやらしですが、逆に「大いなる風を起こして」と詠んだ点がおもしろい句です。因果関係を詠んでも詩になりませんが、逆にありえないことを言い切ると詩になるという好例です。(井出野浩貴)

 

 

◆入選句 西村 和子 選

浴室の窓より金木犀の風
小野 雅子

キーボード打つ音止みて秋の雨
森山 栄子

星月夜つひに便りの途絶えたり
五十嵐夏美

月明の句を誦し子規の忌を修す
奥田 眞二

まづ舐めてより噛みしむる新酒かな
(まづ舐めてさて噛みしむる新酒かな)
牛島 あき

秋の夜うどんに香る鰹節
宮内 百花

アペリティフ楽しむ暇秋の宵
鎌田由布子

一枚をコスモスが占め貸畑
牛島 あき

露草や地図を片手に海を見に
飯田  静

山霧やところどころにかたまりて
岡崎 昭彦

畝畝のビニール鈍く照る無月
三好 康夫

新涼の絵本山積み神保町
飯田  静

秋蝶の惑ひ迷ひて飛び立てり
田中優美子

蓮の実の飛んで特選賜りぬ
小山 良枝

秋空やしなの鉄道二番線
岡崎 昭彦

京菓子に一点の紅露けしや
緒方 恵美

蜩や一灯もなく山暮るる
松井 洋子

投函を忘れしままに秋湿り
辻  敦丸

羽撃いてをり電灯の中の虫
板垣もと子

秋暑し押し戻さるる駐車券
小野 雅子

につぽん丸ゆつくり接岸秋日和
(につぽん丸接岸ゆつくり秋日和)
鈴木紫峰人

金木犀咲けばむくむく旅心
田中優美子

真つすぐに伸ばす指先運動会
水田 和代

秋灯の一灯赤き港口
辻  敦丸

秋日のせては水くぐるオールかな
牛島 あき

見送りをすませて後の今日の月
巫  依子

色褪せし弁柄格子そぞろ寒
緒方 恵美

ちよび髭の不屈の子規の忌なりけり
奥田 眞二

決められぬことも決断更衣
(決められぬことも決断後の更衣)
千明 朋代

新幹線開業まぢか梨齧る
宮内 百花

チェンマイと同じにほひの野分かな
板垣 源蔵

十六夜や魞の先なる竹生島
小野 雅子

即興で奏でるピアノ秋の風
藤江すみ江

竹の春嵯峨に生れしかかぐや姫
奥田 眞二

十階は野より淋しとちちろ鳴く
(十階は野より淋しと鳴くちちろ)
緒方 恵美

新涼の湖面に雲の流れけり
鈴木ひろか

天気予報はづれし空へ檸檬投ぐ
小山 良枝

手に取りし会津木綿や秋暑し
佐藤 清子

先生の腕に蜻蛉止まらせて
森山 栄子

ほろ酔ひの店を出づれば夏の月
藤江すみ江

護摩太鼓ずしんと腹へ秋うらら
田中 花苗

虫籠を下げて子の後追ひにけり
鈴木ひろか

月光に心の底を見透かされ
宮内 百花

手拍子に合はせ入場運動会
飯田  静

対岸のビルよりぬつと今日の月
若狭いま子

朗読に耳を傾け月今宵
巫  依子

秋簾斜めに浜の貝焼屋
小山 良枝

秋晴へ真言唱へ僧若き
田中 花苗

大池の芥吹き寄せ野分だつ
松井 洋子

秋澄むや若むらさきの浅間山
岡崎 昭彦

入線の線路の悲鳴秋高し
(入線す線路の悲鳴秋高し)
中山 亮成

豪快に外すシュートや秋渇き
板垣 源蔵

浦風に縺れて解けて秋の蝶
森山 栄子

島影を膨らませたる竹の春
松井 洋子

よろめきて穂草に縋る老爺かな
三好 康夫

花野来てマッターホルン目交ひに
奥田 眞二

蜻蛉のきよろりきよろりと偵察中
松井 伸子

コスモスの揺れて心は凪ぎゆけり
田中優美子

白萩や移り住みたる地になじみ
鏡味味千代

蟷螂の死して全てを晒したる
山田 紳介

実況の声昂れり雲の峰
藤江すみ江

今できることひたすらに秋高し
田中優美子

寝ころびてわが庭眺め獺祭忌
西山よしかず

自転車に浮力ふんはり野菊晴
松井 伸子

御詠歌の調べ真如の月澄めり
巫  依子

いわし雲久方ぶりの旅支度
岡崎 昭彦

涼新た都会の人のよく歩く
森山 栄子

長身の牧師の裾の秋桜
西山よしかず

 

 

◆今月のワンポイント

「 下二段活用の連体形について

今月の投句に<白風や音なく流る堀の水>がありました。一見正しいようですが、「流る」は下二段活用ですから、連体形は「流るる」となります。つまり、「音なく流るる堀の水」とすべきところなのです。ところがこれでは字余りになり間延びしますから、直さなければなりません(たとえば、<堀の水音なく流れ秋の風>ならば文法的に問題ありません。よりよい句になったかどうかは別問題として)。

文法を身につけるには、名句を覚えるのがいちばんです。

子の髪の風に流るる五月来ぬ(大野林火)

春寒やお蠟流るる苔の上(川端茅舎)

流るる方へながれて春の鴨(友岡子郷)

子郷の句は上六の字余りですが、六七五ならば定型感が保たれるので問題ありません。中八は極力避けましょう。

井出野浩貴

◆特選句 西村 和子 選

盆の月奥の部屋まで差しにけり
穐吉洋子
「盆」は本来陰暦7月15日であるから、この月は満月である。奥の部屋まで光が差し込んできたということは、満月が東の空に上ってきた時なのかもしれないが、窓のある部屋から奥の部屋までという距離より、月光が奥の方に入ってくるまでの時の長さを感じる。
亡き人を想いつつ月を眺める作者の心の「奥の部屋」にも、月光が差し込んで来るような静謐な「盆の月」である。(高橋桃衣)

 

走馬灯みんな帰つてしまひけり
緒方恵美
思い出が去来することの代名詞のように使われる走馬灯は、回り灯籠とも言われる玩具だが、今はお盆の飾りとして見かける。
夏休みか、お盆か、子供とその家族が集まり、賑やかな時を過ごし、そしてそれぞれの家に帰って行った後の寂しさを、「走馬灯」と「しまひけり」という詠嘆で描いた。
人気のなくなった部屋の壁を、走馬灯の影絵が音もなく巡っている。(高橋桃衣)

 

山々に湖面に響む花火かな
森山栄子
湖での花火大会は、空に大輪の花を咲かせる打上花火だけでなく、湖面に映り込むことを計算した水上花火、水中花火などさまざまな仕掛けがあり、大変に豪華である。山に囲まれている湖であるなら、炸裂した音も山々にこだまして大迫力だろう。
花火が消えた時の、辺りの暗さと夜気の湿り気、肌寒いほどの涼しさも感じられる。(高橋桃衣)

 

踊り場の混み合つてをり休暇明
小山良枝
昨今の建物はエレベーターが普及しているので、踊り場を多くの人が利用するのは、せいぜい3階建て、二学期が始まった学校か、お盆休みが終わった工場といったところか。
描いているのは、踊り場が混み合っている、というだけのことなのだが、久しぶりに会った仲間と屯している様子とも、人を避けて階段を上り下りする感覚がまだ戻っていない様子とも取れる。
この句の眼目は、今の様子を描くことで、普段のがらんとした踊り場が見えてくることだ。(高橋桃衣)

 

うたげ果て大皿小皿夜の秋
岡崎昭彦
宴会が終わり、先ほどまで盛大で賑やかだったのが嘘のように、熱気が消え鎮まりかえり、さまざまな皿が置き去りにされたかのようにテーブルに残っている。
「夜の秋」は、どこかに秋の気配を感じるような夏の夜のことだが、人が去った後の空虚さとも響き合う。宴会の後の皿だけに焦点を当て、季語に語らせている句。(高橋桃衣)

 

鳴くたびに声細りゆき夜の蝉
松井洋子

 

つむり寄せ子らにぎやかに門火焚く
松井洋子

 

向日葵の枯れゆく時も一斉に
山田紳介

 

山滴る顔若き不動尊
森山栄子

 

かまきりの翅のかがやき雨あがり
松井伸子

 

 

◆入選句 西村 和子 選

流灯や生者の顔を照らし出す
(流灯の生者の顔を照らし出す)
小山良枝

母の待つ家の小暗し花木槿
松井洋子

朝顔の今朝は一輪藍深し
(朝顔の今朝は一輪藍深く)
木邑杏

変哲も無き浅き箱蓴舟
藤江すみ江

風音が水面を削ぎて秋の夕
(風の音水面を削ぎて秋の夕)
板垣源蔵

墓参白髪ひとり山に入る
(白髪がひとり山入る墓参り)
黒木康仁

谷底へ風のまにまに夏の蝶
鈴木紫峰人

鉱山の賑はひ遠く滴れり
森山栄子

駅弁を開き杉の香秋の風
岡崎昭彦

夏蝶を見遣れば迫る摩崖仏
中山亮成

跳ね返りテトラポッドに残暑の日
(テトラポッドに残暑の日差し跳ね返り)
奥田眞二

草市を煙ひとすぢ通りけり
小山良枝

なすきうり採つてくれろと曲がりだす
小松有為子

炎天下象の眼何を訴ふや
荒木百合子

ひとしきり扇いで飽きし団扇かな
森山栄子

身を低く岩根を掴む下山かな
(身を低く岩根掴める下山かな)
鈴木紫峰人

隅田川とろりとしたる残暑かな
若狭いま子

源泉のとんぼう低く飛びにけり
鏡味味千代

蛇口より湯のほとばしる暑さかな
藤江すみ江

水引草父の画室はそのままに
松井洋子

子らの声急に大きく遠花火
鏡味味千代

無言館へ秋明菊の径たどり
(無言館へ秋明菊の径たどる)
長谷川一枝

葛切や八坂詣での道すがら
辻敦丸

八合目リュックに蜻蛉ついて来る
深澤範子

犬の舌しまひ忘るる極暑かな
森山栄子

夏萩のさはさは雫落としけり
鈴木ひろか

秋高し返信メール即了解
(秋高し返信メールは即「了解」)
奥田眞二

立秋や掌に包みこむ輪島塗
小山良枝

をなもみや夕餉に帰る家出の子
松井伸子

花野まで来れば涙も乾きけり
山田紳介

いとけなき十指を合はせ魂送り
牛島あき

洗ひ立てカーテンふはり空は秋
木邑杏

米櫃の米に熱ある暑さかな
藤江すみ江

中庭にチェロの音響く秋の夜
鎌田由布子

八月の油のやうな大西洋
チボーしづ香

朝顔の紫紺にひと日始まりぬ
松井伸子

爽やかに足かけ回り逆上がり
松井伸子

去りがてのもう一掬ひ山清水
西山よしかず

秋風やふいに見つかる探し物
水田和代

虫すだく間違ひ探しあと二つ
牛島あき

日焼けして小枝のやうな腕と足
鎌田由布子

丸に金金毘羅さんの渋団扇
西山よしかず

去る者は追はずと云へど夜の長き
小野雅子

龍鳴かせ来て眩しさのうろこ雲
牛島あき

木道を駆ける足音黄釣船
飯田 静

幼児の眠りの深し鉦叩
飯田 静

百日紅散りぬ紅白うちまざり
(百日紅散りぬ紅白色まざり)
穐吉洋子

三伏の闇の大樹の息づかひ
森山栄子

はにかみて菓子貰ひけり地蔵盆
(はにかみて地蔵会の菓子貰ひけり)
鎌田由布子

妹に付き添ひし夜の虫の声
板垣もと子

一山(いっさん)の景奪ひけり大夕立
(大夕立一山(いっさん)の景奪ひけり)
巫依子

花びらをふはりはらりと蓮の秋
(花びらをふはりはらりと蓮に秋)
黒木康仁

翻る鯉の金色秋曇
田中花苗

敗戦忌讃美歌覚え帰還せり
荒木百合子

雲の峰岩手山より湧き上がる
深澤範子

秋霖の音を吸ひこみ大茅屋
小野雅子

聴診器かけし遺影や星月夜
千明朋代

終盤の速く激しき踊かな
松井伸子

校正を終へて涼しき机上かな
長谷川一枝

虫たちも飛び込んできしプールかな
チボーしづ香

蟷螂の風に向かひて翅広ぐ
水田和代

握りめし秋暑の塩をきかせたる
牛島あき

大文字いつしか他はかき消えて
(大文字と吾いつしか他はかき消えて)
荒木百合子

登山靴出して磨いてまた仕舞ふ
長谷川一枝

 

 

◆今月のワンポイント

「 字足らずについて

今回、字足らずの句が散見されました。俳句は定型詩ですから、できる限り定型に収める工夫をしたいものです。そのためにも、作った時は必ず音読してみましょう。字足らずは、リズム感がなく不自然なので、気付きやすいものです。

ただ、このような句があります。

と言ひて鼻かむ僧の夜寒かな 虚子

これは上の句が四音しかありませんが、不自然さを感じません。それは、「…、と言ひて」と冒頭に無音の一拍があるからです。これも音読してみるとよくわかるでしょう。

作った後に、どちらがいいか迷った時に、投句する前に、必ず声に出して読んでみましょう。

高橋桃衣

◆特選句 西村 和子 選

喉仏大きく動き生ビール
深澤範子
喉仏の動きだけを言うことで、ビールを豪快に飲んでいる様子から、泡の細やかなビールの色、ピッチャーの重量感や冷たさ、喉ごしの清涼感を描き出している。なんとも気分がいいし、生ビールが飲みたくなる句だ。
生ビール、瓶ビール、缶ビールは、中身は違わないのだそうだが、場所柄や雰囲気は違う。昨今は家でも生ビールが飲めるようだが、この句はやはりビアガーデンのようなところを想像したい。(高橋桃衣)

 

ちぬ釣りや夜間飛行の赤ランプ
辻 敦丸
「ちぬ」は黒鯛のこと。黒鯛は海老や蟹、小魚などを餌にしているので、岸に近い磯や堤防といったところでも釣れる。
この景色は東京湾か大阪湾のような、夜の帷が下りても飛行機は赤いランプを点灯しながら離着陸を繰り返し、街はまだまだ動いているようなところを感じさせる。
そんな夜の片隅で、かたや餌を探している黒鯛と、釣ろうとしている人間・・・海風の涼しい、都会の一夜景である。(高橋桃衣)

 

急にもの言はなくなりし昼寝かな
西山よしかず
昼食が済んで、テレビを消してちょっと横になり、全くこの頃の世の中はねえとか、いつまで暑さが続くのかねえ、などと取り止めもなく話していた声がぱたっと止まって、眠っている。
夜の就寝だったら、よほど疲れている様子だが、昼寝である。あれ、寝ちゃったなと思った作者も、うつらうつらしている。
気張らずに暮らしている夫婦の夏の一日が見えてくる句。(高橋桃衣)

 

百年を踏み固めたる土間涼し
牛島あき
こう言われて、なるほどと思った。土間を作る時にも、土を叩いたりして固めて平らにしただろうが、それでも一朝一夕にして現在のようになった訳ではない。
百年の間、外に出て戻って部屋に上がる度に、あるいは炊事や仕事をする度に、この土を踏み固めて来たのだ。土間の石のような固さ、平らかさには、この家の百年の歴史が詰まっている。それを、「百年を踏み固めた」と表現したところが巧みである。
悲喜こもごもの歴史を何も語ることなく、涼しい風を通わせている土間である。(高橋桃衣)

 

地底より湧き上がりたる蝉時雨
宮内百花
蟬時雨とは、木々でたくさんの蟬が鳴いている様子を時雨に喩えたものだが、作者は蟬時雨が地底から湧き上がっている、と感じた。上から降るだけではなく、地面に反響するほどの声だということだ。それを、「湧き上がりたるかのごとく」などと遠回しに言うのではなく、湧きあがっている、とストレートに言ったことで、声の勢いが感じられ、印象も鮮明となった。蟬の一生を考えると、「地底」という言葉にも説得力がある。(高橋桃衣)

 

アイスコーヒーすつぽかされたかも知れぬ
森山栄子
喫茶店で待ち合わせているが、時間を過ぎても相手が来ない。氷は溶け、薄くなってしまったアイスコーヒーは、もう飲む気にもならない。そんな不味そうな色も味も、待ち合わせの場所も、撫然とした気持ちもはっきりと読者に伝わってくるのは、「アイスコーヒー」だからこそ。(高橋桃衣)

 

通信障害復旧未だ街溽暑
長谷川一枝

 

夕涼み羽田空港指呼のうち
鎌田由布子

 

七月やいつてきますの声弾み
水田和代

 

上方の和事よろしき夏芝居
箱守田鶴

 

校庭に映画の準備夕焼雲
牛島あき

 

鼻筋に白を引かれて祭の子
黒木康仁

 

 

 

◆入選句 西村 和子 選

岩のごと牛横たはる大夏野
(岩のごと牛の横たふ大夏野)
若狭いま子

みづうみの端より白雨来たりけり
小野雅子

朝涼し挨拶をして男の子
(朝涼し挨拶をして男子過ぐ)
水田和代

台風の余波の雨音また強し
水田和代

昼寝覚めはや夕刊の届く頃
長谷川一枝

施餓鬼棚飯山盛に供へあり
巫 依子

沢音の夜空へ響く螢狩
小山良枝

宵宮の人垣分けて救急車
松井洋子

まれびとと蛍待つなり橋の上
長谷川一枝

縁てふ字を割つて入る夏暖簾
(縁とふ字を割つて入る夏暖簾)
小山良枝

縞馬に見惚れて汗を忘れけり
松井伸子

短夜や階段上がるハイヒール
岡崎昭彦

掛小屋に四万六千日の風
箱守田鶴

もののふの化身かきらり黒揚羽
鈴木ひろか

青芝や天井高きフランス窓
飯田 静

夏帽子車に映る我ひしやげ
鏡味味千代

顎上げて目を閉ぢてゐる大暑かな
三好康夫

対岸の都心の明かり宵涼し
鎌田由布子

泣き止みし子に見せてやる金魚かな
矢澤真徳

雨上がり晩涼の時賜りし
水田和代

短夜や己が寝言に目覚めたる
(短夜や己が寝言に目覚めたり)
岡崎昭彦

桔梗の紫と白雨上がる
板垣もと子

三絃の音にほたほた凌霄花
(三絃の音にほたほたと凌霄花)
松井洋子

冷さうめん盛大に卓濡らしつつ
小山良枝

下校児の奇声喚声夏に入る
(下校子の奇声喚声夏に入る)
藤江すみ江

青芝に聴くや管楽八重奏
飯田 静

小流れへみな傾ぎたる百合の花
鈴木ひろか

かなかなの声透きとほる雨上がり
鈴木ひろか

通院の五年過ぎたり時計草
鎌田由布子

群れ咲きて寂しさ募る黄菅かな
松井伸子

遠雷やピアノの音色やや変はり
佐藤清子

籐椅子や我と齢を重ねたる
(籐椅子や我と齢を重ねたり)
岡崎昭彦

雨雫湛へ百日紅のフリル
藤江すみ江

大緑蔭少年像は空を指し
鏡味味千代

日除してばた足指導保育園
飯田 静

来年の約束もして螢の夜
小山良枝

初めての俳句指折り夏休み
鏡味味千代

地図持たぬ旅してみたし夏の雲
田中優美子

仮定法過去完了や雲の峰
山田紳介

雀鳴き朝かと思ふ昼寝覚
若狭いま子

療養の朝の検温蝉時雨
飯田 静

星祭母の水茎懐かしき
鈴木ひろか

男でも女でもなしソーダ水
鎌田由布子

水引の裾にふれたり旅衣
西山よしかず

梅雨上がる借りつぱなしの女傘
奥田眞二

酔芙蓉不老も不死も味気なし
荒木百合子

飛行機の発着臨むバルコニー
鎌田由布子

葛切のはかなき色を啜りけり
緒方恵美

こざかしく葉つぱに紛れ子かまきり
長谷川一枝

錆びてなほ回り教会の扇風機
(教会の扇風機錆びてなほ回り)
宮内百花

嬬恋のキャベツどすんと届きけり
牛島あき

四十雀首かしげたる枝の揺れ
鈴木紫峰人

 

 

 

◆今月のワンポイント

「歴史的仮名遣いは辞書を引いて調べよう

知音では、歴史的仮名遣いを用います。

五七五の韻律や切れを生かし、余韻ある表現をするには文語が不可欠で、その文語の表記には歴史的仮名遣いがふさわしいと思うからです。

(詳しくは西村和子著『添削で俳句入門』164頁をお読みください。)

今回、「舫いゐる」と表記された句がありました。

「もやう」と国語辞典を引いてみると、

「もやう 舫う モヤフ」

とあります。これは歴史的仮名遣いでは「もやふ(舫ふ)」と書くということです。

「いる」(舫っている、ということですから「居る」の項です)を引いてみましょう。

「いる 居る ヰル」

とあります。この「ヰ」はひらがなでは「ゐ」のことですので、歴史的仮名遣いでは「ゐる」と書きます。

ですので、「舫いゐる」は正確には「舫ひゐる」となります。

同様に「植える」を引くと、「うえる 植える ウヱル」とあります。この「ヱ」は「ゑ」のことで、「うゑる(植ゑる)」と書くということです。

このように、辞書には歴史的仮名遣いがカタカナで記されていますので、辞書を引いて確認する習慣をつけましょう。

なお、カタカナが記されていない言葉は、歴史的仮名遣いと現代仮名遣いが同じであるということです。

高橋桃衣

◆特選句 西村 和子 選

あぢさゐの色のはじまるあしたかな
長谷川一枝
七変化とも言われる紫陽花は、土のP Hによっても、また時間が経つにつれても、色が変化することはよく知られている。
紫陽花ではまず、渡辺水巴の「紫陽花や白よりいでし浅みどり」という、紫陽花の毱に色が兆した時を詠んだ句が思い出される。
こちらの句はどのような色とは言っていない。しかし、色が付き初めるのは朝だという。鬱陶しい梅雨であっても、朝は万物にとって一日の始まり。新たな明るい気分で紫陽花を眺める作者である。(高橋桃衣)

 

あと何年しやがめるかしら草むしり
鈴木ひろか
70歳の壁、80歳の壁などという言葉をよく耳にするが、言われても人ごとのように思う。しかし階段を上がったり、買い物袋を提げて家まで歩いたりという時に、以前はこんなではなかったのに、と気づくことがある。
作者は草むしりしながらそれを感じた。しゃがむ格好は結構きつい。立ち上がる時も足腰に負担がかかる。痛みを感じる時もある。「あと何年」という引き算の考え方が出てくるのももっともだ。
そう言いつつも、目の前の雑草を取らずにはいられない、まだまだ元気な様子も伝わってくる。(高橋桃衣)

 

青楓六条院の庭うつし
千明朋代
光源氏の邸宅であった六条院は架空のもので、モデルと言われている河原院も、跡と記された碑があるのみ、源氏物語の文面や絵巻などから考証して作られたという模型を見たことがあるから、模して作った庭もあるに違いない。
光源氏を、光源氏をめぐる女性達を、当時の美意識を想い造られた庭とあれば、植えられている青楓の艶やかさも、細やかな葉の揺れ方も、いかにもと思えてくることだろう。
京都の楓は関東のものよりも、葉が小ぶりで優美であることも付け加えておきたい。(高橋桃衣)

 

 青蔦や島の神父の紙芝居
牛島あき
カソリックの教会がある島というと五島列島だろうか。教会を這う蔦の蒼さと、島を取り囲む海の碧さが見えてくる。子供も多そうで、過疎とは無縁なところのようだ。そして、教会で祈るばかりではなく、島に暮らす人々と積極的に交わり、島に溶け込んでいる神父さんの様子や人柄も伝わってくる。
「青蔦」が、この島の心身ともに健やかな暮らしを象徴しているようだ。(高橋桃衣)

 

子の服の記憶鮮やかグラジオラス
佐藤清子
江戸時代に日本にもたらされたグラジオラスは、南アフリカ原産といわれる鮮やかな夏の花である。ひと昔前の家の庭にはよく植えられていたので、この名前は懐かしさと共に、ちょっとした古さをも感じさせる。この服も、昨今のようなファッショナブルなものではないだろう。
作者の家にもグラジオラスが植えられていたに違いない。しかし今、グラジオラスを眺めて、はっきり思い出しているのは、子供の服の色や模様や形だけではない。庭で遊んでいる子供の仕草や声、グラジオラスの咲いている日向の明るさや匂い、即ち若くて充実していたあの日々なのだ。それを描くのに「子の服」だけに絞ったところが巧みである。(高橋桃衣)

 

香の薄くなりたる母の扇かな
矢澤真徳
扇といえば白檀の香がなんとも麗しく上品だが、香は徐々に薄れていき、しまっておいたものを取り出したり、広げた時にそこはかとなく香るほどになってゆく。
作者にとっては愛着の品なのだろう。香が薄くなっていく歳月をも愛おしむように手にしている。
そんな思いを嗅覚で捉えた句。(高橋桃衣)

 

青竹をさらさら出づる冷酒かな
小山良枝
熱燗は冬、温め酒は秋、冷し酒、冷酒(ひやざけ)、冷酒(れいしゅ)は夏などと、それぞれ季語となっている日本酒だが、冷酒(れいしゅ)は冷蔵の技術ができて以後のもの。
よく冷えた日本酒を青々とした竹の酒器で汲むのだから、想像するだけでも美味しそうだ。手に取った青竹は冷えて濡れているだろう。汲めばさらさらと音もして、涼やかだ。口に含めば青竹の香もするだろう。視覚、触覚、聴覚、嗅覚、そして味覚と、五感全てが満足するのは、酒好きだけだろうか。(高橋桃衣)

 

夕日ちりばめたる茅花流しかな
牛島あき

 

紫陽花も磴も濡れをり谷戸の朝
鈴木ひろか

 

グラジオラスつぎつぎ咲いて楽しさう
松井伸子

 

暮れきらぬうちより螢二つ三つ
巫 依子

 

朝な朝な涼しきうちの正信偈
三好康夫

 

茅の輪屑散らして車座の小昼
小野雅子

 

観音の細身におはす文字摺草
牛島あき

 

 

 

◆入選句 西村 和子 選

つば反らし横顔きりり夏帽子
荒木百合子

遠近の声の張り合ふ雨蛙
(遠近の声が張り合ふ雨蛙)
三好康夫

薔薇の名を諾ふイングリッドバーグマン
千明朋代

群青のゴジラ現る夕焼雲
田中優美子

夏萩のむらさき淡き摩崖佛
(夏萩のむらさき薄き摩崖佛)
辻 敦丸

幻のごとく消えたり梅雨夕焼
田中優美子

み仏の衣流麗緑さす
(み仏の衣裳流麗緑さす)
木邑 杏

青梅や仏に小さきたなごころ
小山良枝

どこまでも静寂初夏の日本海
五十嵐夏美

大沼を嵐気がおほひ青時雨
千明朋代

まだ知らぬ部屋のありけり夏館
山田紳介

万緑の山頂にして風の中
(万緑の山頂にをり風の中)
鈴木紫峰人

プール掃除年長組の賑やかな
(賑やかなプール掃除の年長組)
飯田 静

新緑の息漲れり峡の駅
(峡の駅新緑の息漲れり)
小松有為子

並走の小田急京王夏つばめ
牛島あき

時の日もペースメーカー順調に
穐吉洋子

緑蔭のベンチに座り石に坐し
藤江すみ江

あげパンの手書きの看板路地薄暑
(あげパン屋手書きの看板路地薄暑)
中山亮成

濡れてより卯の花の白清々し
佐藤清子

万緑やおいらと名乗る四年生
宮内百花

駆けて来る素足伸びやか女学生
深澤範子

行きに見し鷺のまだゐる植田かな
(行きに見し鷺ぽつねんとゐる植田)
小野雅子

耕運機静かに帰る夏至の夕
(夏至夕べ静かに帰る耕運機)
森山栄子

海峡のタンカー込み合ひ梅雨深し
鎌田由布子

神官の三人がかり茅の輪立つ
(神官の三人がかり茅の輪立て)
西山よしかず

西方の守護神白虎青嵐
木邑 杏

幼な児は涙をためて昼寝覚
(みどり児は涙をためて昼寝覚)
矢澤真徳

声出して「ドラえもん」読む夏の夜
宮内百花

里山の影おほいなる螢かな
牛島あき

足首を鞭打つて車前草の花
牛島あき

ほうたるのひとつに声をひそめたる
巫 依子

暗がりの白の際やか半夏生
飯田 静

梅雨の傘傾けながら古書店街
(梅雨の傘傾けつつ行く古書店街)
箱守田鶴

ボッティチェリの腰のうごきよサンドレス
(ボッティチェリの線のうごきよサンドレス)
松井伸子

真直ぐな雨脚泰山木の花
三好康夫

レコードはエディットピアフ夏館
田中優美子

一刷毛の白の際やか半夏生
五十嵐夏美

産屋めく月下美人の開く夜は
板垣もと子

取り出す句帳鹿の子を誘ひけり
奥田眞二

八橋をふうはり渡り梅雨の蝶
鈴木ひろか

七変化極める前の青が好き
鈴木ひろか

打ち寄する珊瑚を拾ひ沖縄忌
若狭いま子

初螢ふうはりと落ちふつと消え
松井洋子

漢ひとり鉄砲百合を担ぎ来る
小野雅子

十薬を咲かせエジプト大使館
松井伸子

梅雨寒し朝より暗き純喫茶
森山栄子

猫も人も外に出たがる夏至の夕
チボーしづ香

虫干の風に座りて母のこと
小野雅子

幼なき指ぽんと桔梗の蕾割り
(幼なの指ぽんと桔梗の蕾割り)
藤江すみ江

木道のまだまだ続く黄釣船
飯田 静

吾が妬心隠し通して単帯
小野雅子

梅雨の蝶白光らせて轢かれけり
(梅雨の蝶白光らせて轢かれにけり)
松井洋子

貝殻の埋まるピザ窯夏夕べ
宮内百花

はんざきの眼開いてたぢろがず
深澤範子

枇杷の実を滑り落ちたり雨雫
板垣源蔵

空青く富士なほ蒼く涼しけれ
鈴木ひろか

栗の花匂ふ山上駐車場
三好康夫

天平の手斧の跡や蝉の殻
奥田眞二

本塁打吸ひ込みにけり大夕焼
(本塁打ぐわと吸ひ込む大夕焼)
鈴木ひろか

噴水や起承転結くりかへし
若狭いま子

垂直に五臓六腑へ生ビール
牛島あき

紫陽花や美大の門の罅深き
(紫陽花や美大の門に深き罅)
小山良枝

白の浮き立つ暮れ方の山法師
若狭いま子

蛍狩存外空の明るかり
巫 依子

新しき傘を広げる梅雨の入り
(新しき傘ぱっと広げる梅雨の入り)
箱守田鶴

人声のしだいに消えて蛍沢
(人声のしだいに果てて蛍沢)
巫 依子

小さければ小さき水輪のあめんばう
小野雅子

焼酎呷るビニール越しの梅雨の空
(焼酎呷りビニール越しの梅雨の空)
中山亮成

噴水の剣のごとく上がりけり
(噴水の剣のごとく噴き上がり)
矢澤真徳

寝の浅き旅の朝の新茶かな
奥田眞二

夏草や道すぐ出来てすぐ消えて
緒方恵美

木立より一瞬涼気走りけり
松井伸子

爪皮に跳ねる五月雨先斗町
(爪皮の跳ねる五月雨先斗町)
辻 敦丸

リハビリの廊下を行き来梅雨籠
(リハビリに廊下を行き来梅雨籠)
若狭いま子

みどり児のみぢかき手足夏に入る
矢澤真徳

梔子の一花咲きては一花錆び
鎌田由布子

 

 

 

◆今月のワンポイント

「語順を変える」

同じことを言っていても、語順によって印象も余韻も違ってきます。今月の句で見てみましょう。

 

(原 句)賑やかなプール掃除の年長組
(添削句)プール掃除年長組の賑やかな

どちらも字余りですが、原句の下五の字余りは重たい感じになります。賑やかにしては年寄りくさい年長組です。
字余りは、上五ですとそれほど気になりません。また「賑やかな」で終わりますと、賑やかな情景が残ります。

 

(原 句)峡の駅新緑の息漲れり
(添削句)新緑の息漲れり峡の駅

「新緑の息/漲れり」より「息漲れり」と一気に言う方が、張り詰めた感じがより出ます。切れも心地よく響きます。
音読してみましょう。

 

(原 句)夏至夕べ静かに帰る耕運機
(添削句)耕運機静かに帰る夏至の夕

詠みたかったのは夏至の夕べの情緒でしょう。どちらが余韻が出るでしょうか。

 

(原 句)紫陽花や美大の門に深き罅
(添削句)紫陽花や美大の門の罅深き

「門に」ですと、その後に「ある」という言葉が省略されていて、 “美大の門に深い罅がある”という句になります。説明しているみたいですね。
せっかく「美大」→「門」とクローズアップしているのですから、この後は「深き」より「罅」と実景を詠み、最後に罅が深いと詠むことで、美大の歴史や通った学生達といったことを、読者に想像させる方が効果的です。

高橋桃衣

◆特選句 西村 和子 選

食べぬ日もあるさと笑ひ月涼し
宮内百花
「月涼し」は、猛暑の昼が終わってほっと見上げた月が涼し気に見えるということであるが、人生を達観したような心の涼しさをも感じさせてくれる。
食べられないのではなく、食べないと笑い飛ばしているところに、この人物の矜持を読み取りたい。(高橋桃衣)

 

透けながら重なりながら若楓
牛島あき
初夏の楓を下から見上げると、光に透けた葉は薄く柔らかく、重なり合っているところは少し濃く見える。どちらも形も色も光も美しい。このような情景を詠む人は多いが、この句の眼目は「ながら」のリフレインにある。透けたり重なったりしているという、風に揺れる葉の動きも、昨日よりも今日、今日よりも明日と徐々に青楓となっていく様も想像できる。(高橋桃衣)

 

噴水を見てをり心晒しつつ
荒木百合子
昨今はさまざまな仕掛けの噴水があるが、そうは言っても次々と上がっては落ちてくる水を眺めるものである。その繰り返しに、私達は見ているようで見ていない、水音を聞いているようで聞いていないといった無我の境地になったり、取り留めもなく考え始めたりする。それはまた、心が素となる時でもある。
作者は噴水を涼しく眺めているうちに、そんな自分の心に気づいた。嬉しいことも悲しいこともわだかまりも、誰にも気兼ねせず好きなだけ噴水に心を開いて、ひとりの時間を過ごしている自分に。(高橋桃衣)

 

玄関の涼しかりけり父母の家
矢澤真徳
一読、土間のような日本古来の入り口を思い浮かべるが、そうでなくてもいい。玄関が涼しいということから、玄関の静けさも、すっきりとした設いも、落ち着いた家の佇まいまでも見えてこよう。
暑い中を訪ねて行って涼しいなあと思ったのか、思い出の中の涼しさか、どちらにしても実感に裏打ちされた「涼し」である。
実家と言わずに「父母の家」としたことで、作者が別所帯となってからも、自分達のペースで日々を送っているご両親の様子が思い浮かべられる。(高橋桃衣)

 

ピッチャーは少女五月の風に立つ
鈴木紫峰人
今は、高校野球以外は男女の差無く公式戦に出られるのだそうだから、男女混合の試合はよく見られる光景となっているのかもしれない。それでも数多の男子を凌いでマウンドに立ったのが少女であったことに、作者は感動したのだ。
「は」という助詞からその発見と感動が、「五月」から輝かしい光と若さが、「風に立つ」から凛々しさが伝わってくる。(高橋桃衣)

 

蕺菜に家がじわじわ囲まるる
若狭いま子
十薬とも言われ古くから民間薬として知られる蕺菜は、梅雨のころに穢れのない白い十字の花を掲げていると心を奪われるが、あの蔓延り方はすごい。しっかり根を取り去らないと、とんでもないところまで這って行って繁茂する。
庭に蕺菜が生えている家に住んでいる作者から見ると、蕺菜が日に日に周囲をかため、攻め寄ってくるように思えるというのだ。「囲まるる」という受け身の言い方でその圧迫感が、「じわじわ」で繁茂するスピードが、実感としてよく伝わってくる。(高橋桃衣)

 

薫風の抜けて子の部屋がらんだう
松井洋子
「薫風」は新緑の香りを届けてくれるような心地よい風であるから、薫風が抜けていく部屋に不満があるわけではない。でも、風がさあっと吹き抜けてゆくほど片付けられて主のいなくなった子供部屋は、やはりどこか空虚だ。「がらんだう」は母の心の空虚さでもある。でも季語は「薫風」。離れたところで今、子供は生き生きとした日々を送っていることを諾う作者である。(高橋桃衣)

 

梅雨きざす三味線半音狂ひたり
鏡味味千代

 

朴の花終の一花は雲となる
緒方恵美

 

対岸の羽田空港大夕焼
鎌田由布子

 

母の日の赤き造花を今も捨てず
鈴木紫峰人

 

母の日の花舗の外まで色溢れ
松井洋子

 

 

 

◆入選句 西村 和子 選

夏来る瞬間移動の魚(さかな)追ひ
(夏来る瞬間移動の魚を追ひ)
宮内百花
もちろん魚は“うお”と読みますが、「…の…を…する」という言い方は説明的ですので、一つでも助詞を省けるよう工夫しましょう。

葉桜やとんがり屋根に風見鶏
岡崎昭彦

白き帆の消えては浮かぶ卯波かな
緒方恵美

自転車の制服かすめ夏燕
小野雅子

雨水を弾き梅の実端正に
宮内百花

昼寝覚め今ここどこと分かるまで
箱守田鶴

老鶯に耳濯がるる堂の朝
小野雅子

風の道人間の道蛇の道
山田紳介

隊列のⅤ字際やか鶴帰る
藤江すみ江

母の日の黄金色なるワインかな
小山良枝

江戸切子グラス磨きて夏に入る
(江戸切子のグラス磨きて夏に入る)
千明朋世

若葉雨降り残したる楡の下
長谷川一枝

ざる蕎麦を待てば老鶯谷渡り
鈴木ひろか

観音のまぶたぴくぴく若葉風
黒木康仁

着付師の汗に曇れる眼鏡かな
小山良枝

薫風や口笛の音外づれたり
藤江すみ江

濠端の柳絮舞ふ中人走る
(濠端の柳絮舞ふ中走る人)
辻敦丸

通勤の遠く近くに懸り藤
(通勤路遠く近くに懸り藤)
深澤範子

新緑の古墳や鷺の巣のいくつ
(新緑の古墳や鷺の巣の数多)
飯田 静

竹落葉大寺の門朽ち果てて
飯田 静

高々と雨にけぶりて花楝
緒方恵美

桐の花高し磐梯山遥か
若狭いま子

パイナップル一本芯の通りたる
森山栄子

太陽が大きくなつてきて立夏
松井伸子

垂直の火の見櫓よ夏きたる
岡崎昭彦

山裾の風のこまやか花卯木
(山裾の風こまやかに花卯木)
緒方恵美

夏帽子斜めにかぶる銀座かな
鏡味味千代

信号はピヨピヨカッコウ若葉風
三好康夫

手つかずの畑となりけり栗の花
水田和代

三門の眼下一面若楓
小野雅子

青葉若葉迫り来カーブ曲るたび
藤江すみ江

夜の青葉大きな月の登りけり
荒木百合子

老松は地を這ひ芯は天を指し
小野雅子

屋上庭園しんと卯の花腐しかな
若狭いま子

磴上る法衣筍抱へゐる
鈴木ひろか

一羽また一羽とびたつ花は実に
牛島あき

トンネルを出るや伊那谷若葉風
黒木康仁

鉢植に水を弾みて立夏かな
三好康夫

夏きたる朝湯の窓を開け放ち
岡崎昭彦

花樗盛りの空の仄暗く
小山良枝

花時計植ゑ替へられて夏に入る
(花時計植ゑ替へられて夏はじめ)
鎌田由布子

白薔薇に秘密打ち明けたくなりぬ
田中優美子

春の猫モディリアーニの女の目
(モディリアーニの女の目をして春の猫)
矢澤真徳

水色のショーウインドウ夏兆す
(水色のショーウィンドウ夏初め)
松井伸子

緑さすフルーツサンド専門店
田中優美子

子らの声はづみ胡桃の花そよぐ
鈴木紫峰人

春の雨医師のことばに励まされ
千明朋代

禅林の生き生き四方の山滴る
小野雅子

夕時の一声真近時鳥
水田和代

磨かれし玻璃戸の歪み新樹光
飯田 静

東山椎の若葉の噴き暴れ
荒木百合子

飛び石にまた降る雨や花菖蒲
辻 敦丸

愚痴を聞くだけは得意よ水羊羹
(愚痴を聞くだけは得意と水羊羹)
鏡味味千代

緑蔭を抜けて明るき瀬音かな
松井洋子

喉元に葉先鋭き菖蒲風呂
辻 敦丸

奥つ城を鎮め卯の花腐しかな
鈴木ひろか

菖蒲湯に浸りて生まれ変はりたる
千明朋代

俄雨草葉に隠れむら雀
(俄雨草葉に隠るむら雀)
辻 敦丸

単線の一両電車若葉風
飯田 静

花束のやうにパセリを括りけり
鈴木ひろか

青葉若葉へ晋山の矢を放ち
巫 依子

花胡桃揺れて舞妓の挿頭めく
鈴木紫峰人

茉莉花の香に包まるる廃墟かな
飯田 静

一回り小さくなりぬ夏の富士
鎌田由布子

初夏や高く遠くに子等の声
深澤範子

茄子の苗植ゑて菜園らしくなり
佐藤清子

金堂の屋根の勾配若楓
飯田 静

藤の花大きく揺れて留守の家
深澤範子

乳母車春風に頬染めて行く
鈴木紫峰人

警備員詰所閉ざされ桜の実
小野雅子

樟若葉奥より鴉飛び出しぬ
三好康夫

青空へ若葉に浮力ありにけり
小山良枝

 

 

◆今月のワンポイント

「歳時記を読む・調べる・確かめる」

今回「夏初め」で詠んだ句が2句ありました。
夏に入った頃、という季節感ですが、その頃の季語には、「夏に入る」「「夏兆す」「夏めく」「夏浅し」などあり、それぞれ少しずつニュアンスが違います。
何となく知っているから使うというのではなく、他にどのような季語があるのか、どこが違うのか、どの季語が詠もうとしていることにぴったりなのか考えましょう。
また立項されている季語(一番最初に載っている季語)と傍題(その後に載っている季語)は、関連はしていても全く同じ意味とも限りません。歳時記の説明をよく読み、例句を鑑賞しましょう。
電子辞書は、ピンポイントで季語を調べるにはすばやく重宝ですが、本の歳時記は、引いたページの前後の季語も目に入ります。似たようでもアプローチの違う季語、知らない季語に出会うこともできます。
時間のある時、推敲する時は、是非本の歳時記を開いてみましょう。

高橋桃衣

◆特選句 西村 和子 選

囀の降りくるところ立子墓所
梅田実代
星野立子の名句、〈囀りをこぼさじと抱く大樹かな〉をふまえて詠んだ句だろうか。
鎌倉の寿福寺にある立子の墓を訪れると、聞こえてくる鳥の歌が、すべてこの墓へ向けられているような感覚にとらわれたのだ。
ほがらかなさえずりが、立子の素直で明るい作風と響き合う。

 

春灯や帯うつくしき新刊書
緒方恵美
新刊書だから、作者は発売を待ちかねていたのだろう。
さっそく購入したその本は、装丁がなかなか素敵で、とくに帯のセンスがいい。
「春灯」のやわらかい光がその美しさを引き立て、本の内容を示唆している。
ジャンルは恋愛小説と想像した。

 

花楓知らぬ間に子は育ちけり
宮内百花
つい昨日までおむつを替えていたような気がするのだが、子どもはいつの間にか成長してたくましくなっているものだ。
我が子の成長にふと気付いたとき、母としては嬉しく、それでいて少し淋しいような気持ちにとらわれる。
花楓の咲きようがそんな母親の心情を語っている。

 

子供らを転がしてゐる春野かな
小山良枝
中七を「遊ばせてゐる」とせず、「転がしてゐる」としたところに工夫がある。
1~2歳の未就園児だろうか。ベビーカーや抱っこ紐からおろして、自由にさせてやっているのだろう。
「春野」であるから、柔らかい日差しの中、大人たちがおおらかな気持ちで見守っていることも想像できる。

 

褪せながら散りながらなほ紫木蓮
田中優美子
散っていく紫木蓮に着目したところが新鮮である。
「ながら」「ながら」「なほ」と調べを工夫することで、紫木蓮の散りぎわの特徴をうまく表現している。

 

とどまらぬ時間のごとく花筏
矢澤真徳
水面を覆い、形を変えながら流れていく花筏。
単にきれいだと思って立ち止まった作者だが、そのうちに水の流れがあたかも時の流れのように見えてきた。さらには、花の散りざまや流れゆく水から、諸行無常を感じたのだろう。
花吹雪や水辺の美しい光景も目に浮かんでくる。

 

対岸へ渡る術なく桜狩
小山良枝

 

地球儀を回して春を惜しみけり
鎌田由布子

 

桜蘂降り止み雨の降り止まず
巫依子

 

山吹を揺らす買物袋かな
小山良枝

 

 

◆入選句 西村 和子 選

オルガニストの指先光るイースター
松井伸子

おぼろ夜やつまづくやうに物わすれ
奥田眞二

暮れなづむ川面煌めき遅ざくら
松井洋子

新しき机届きぬ春の風
長坂宏美
(新しき机届きて春の風)

豆の花丈競ふかに真つ直ぐに
水田和代
(豆の花丈競ふかに真直ぐ伸ぶ)

飛花落花連子格子の中に見て
板垣もと子

せせらぎに跳ねる陽光水草生ふ
中山亮成

花の雲五重塔を浮かべけり
板垣もと子

蜂蜜の匙をあふるる日永かな
牛島あき

ゆくりなく声掛けられて花楓
長谷川一枝
(花楓ゆくりなく声掛けられて)

廃村に共同墓地や芦の角
長谷川一枝

杓よりも小さき仏花御堂
緒方恵美

海峡の流れの速し先帝祭
鎌田由布子

雪解や鳥の祭のやうな村
山内雪
(雪解や鳥の祭りのやうな村)

雲の影ゆるり移ろひ山笑ふ
岡崎昭彦

太陽をしかと受け止めチューリップ
田中優美子

苗木市土の匂ひを広げたる
鈴木ひろか

二輪草子供等の声何処より
飯田静
(何処より子供等の声二輪草)

薔薇園に薔薇色の風吹き渡り
山田紳介

連翹の地より噴き上ぐ真昼かな
巫依子

和蠟燭灯して湯宿竹の秋
木邑杏

鍬浸けし水の濁りや春の山
梅田実代

古墳より望む海峡木の芽風
三好康夫

ヒヤシンス硝子は声を遮りぬ
小山良枝

連翹や鬼方吉方気の流れ
巫依子
(連翹や鬼方吉方の気の流れ)

春惜しむ飛行機雲を追ひかけて
鎌田由布子
(飛行機雲を追ひかけて春惜しむ)

したたかな心は見せず垣通
小野雅子

伝言板消えて幾年春寒し
穐吉洋子

鮮やかに空色映す忘れ潮
鈴木ひろか
(鮮やかに映す空色忘れ潮)

奇声には奇声で返し鳥の恋
松井洋子

水温む筆の動きのやはらかく
松井伸子

おひさまに素直に応へチューリップ
田中優美子

洞窟の安らぎに似て春眠し
小山良枝

山一つ越えて湖百千鳥
鈴木ひろか

蒲公英の茎を伸ばして絮飛ばす
穐吉洋子
(蒲公英の茎を伸ばして絮毛飛び)

生れしまま傷ひとつなきチューリップ
矢澤真徳

木道の先の湿原百千鳥
飯田静

プードルの毛足刈り込み夏近し
鎌田由布子

藤咲くや崖の底なる不動尊
梅田実代

ボールより本が友だち黄水仙
松井洋子

庭を掃く雛僧一人涅槃の日
千明朋代

チューリップ優等生のごとく咲き
田中優美子

叡山のあぶり出されし山桜
黒木康仁
(比叡山あぶり出されし山桜)

ふらここの揺れ残りけり五時の鐘
鈴木ひろか

ひつたりと閉ざせる校門飛花落花
箱守田鶴

手習ひの一点一画日永し
鈴木紫峰人
(手習ひの一点一画日永かな)

薔薇園のいちばん奥で待ち合はす
山田紳介

逃れてはまた波に寄り磯遊び
矢澤真徳

ベンチまだ濡れてをるなり春の山
鏡味味千代

富士箱根一望の春惜しみけり
奥田眞二

ゆるやかに曲る渡良瀬風光る
穐吉洋子

いつまでも流れて来さう花筏
板垣もと子

瞬きの馬の眼に春の雲
穐吉洋子
(瞬きす馬の眼に春の雲)

湧き水の音や紫蘭の咲き初めし
飯田静

山笑ふリュックの鈴の鳴り通し
鈴木ひろか

野遊びや爪の中まで黒くして
鏡味味千代

日の当たる壁を動かぬ春の蠅
鈴木紫峰人

鳥雲に道場よりの声高く
深澤範子

花冷や紅茶茶碗に金の縁
小山良枝

春惜しむ旅の話の尽きぬなり
鎌田由布子

やはらかき風にも花の舞ひあがる
小野雅子

眼裏に薄紅残る花疲
鈴木ひろか

山門の小さく見ゆる桜かな
緒方恵美

高瀬舟今も舫ひて花の昼
藤江すみ江

青空へぱつちり開き花水木
若狭いま子

振袖の帯胸高に八重桜
長谷川一枝

薄霞東京タワー紅く染め
穐吉洋子
(東京タワー薄霞紅く染めにけり)

幾度ものぞき込みては雪割草
千明朋代

生れくる言葉のごとく石鹸玉
矢澤真徳

ステッキの歩み確かに花は葉に
巫依子

過ぎ去りしあと一陣の花吹雪
巫依子

飛花落花幹に箒を立てかけて
小野雅子

春の夢たわいなけれど懐かしや
奥田眞二

夏近しテラスの椅子を磨き上げ
鎌田由布子

切り紙のごときつぱりと紫木蓮
荒木百合子

うららかや子の髪ひだまりの匂ひ
鏡味味千代

園庭に桜蕊降る日曜日
飯田静

筍山黄色き声の降つてくる
梅田実代

薔薇園の作業員みな無口なる
山田紳介

 

 

◆互選

各人が選んだ五句のうち、一番の句(☆印)についてのコメントをいただいています。

■小山良枝 選

苗木市土の匂ひを広げたる ひろか
緑さす招待状に切手貼り 優美子
新入生いつもの犬に吠えらるる 松井洋子
野遊やあそこにあれが咲いた筈 あき
☆野遊びや爪の中まで黒くして 味千代
土をいじったり、野草を摘んだり、童心に帰っていきいきと遊んでいる様が微笑ましいですね。

 

■飯田 静 選

野遊びや爪の中まで黒くして 味千代
海峡の流れの速し先帝祭 由布子
賑やかな妻で幸せヒヤシンス 眞二
囀の降りくるところ立子墓所 実代
☆住む人の転変よそに糸桜 百合子
人生にはさまざまなことが起こりますがそれらをじっと見つめて毎年咲いてくれる糸桜。桜であることに明るさもあります。

 

■鏡味味千代 選

誘はれて公園体操飛花落花 百合子
雲の影ゆるり移ろひ山笑ふ 昭彦
とどまらぬ時間のごとく花筏 真徳
生れくる言葉のごとく石鹸玉 真徳
☆賑やかな妻で幸せヒヤシンス 眞二
こちらも幸せな気持ちになる句でした。ヒヤシンスから、賑やかなだけでなく、清楚な艶やかさもある奥様であることが想像できます。

 

■千明朋代 選

牡丹の芽芯に秘めたる炎かな
地球儀を回して春を惜しみけり 由布子
桃の花ひまに青空見え隠れ 一枝
チューリップ夜には夜の色したる 優美子
☆豆の花ひとつ咲けば十さいて 清子
霜を避け突風から護り長い冬を越して、次々と力ずよく咲いていく春の訪れと迎えた喜びをよく現わしていると思いました。

 

■辻 敦丸 選

この更地何のありしか花水木 味千代
走り根に傾ぐ石段春祭 栄子
とりどりのマスク行き交う商店街 穐吉洋子
幼児の小さきスコップ春の土 飯田静
☆菜の花の明るさだけが暮れ残り 依子
文部省唱歌の傑作、朧月夜を思いだします。

 

■三好康夫 選

花の雲五重塔を浮かべけり もと子
春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
自家製の塩味強き桜餅 穐吉洋子
苗木市土の匂ひを広げたる ひろか
☆手習ひの一点一画日永し 紫峰人
日永にどっぷり浸かって手習いをしている様子が、「一点一画」に上手く表現されております。

 

■森山栄子 選

ゆるやかに曲る渡良瀬風光る 穐吉洋子
山門の小さく見ゆる桜かな 恵美
屋上を窓に見下ろし春の雪 林檎
咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
☆鍬浸けし水の濁りや春の山 実代
田畑を耕した後のほっと和らいだ気持ちが感じられると同時に、土や水、春の匂いなど五感への刺激が心地良い句だと思いました。

 

■小野雅子 選

水温む筆の動きのやはらかく 伸子
をろがみて雛納むる一日あり 朋代
雨上がるにはかに薔薇の匂ひ立ち 紳介
ふらここの揺れ残りけり五時の鐘 ひろか
☆児の手がつかむ花冷の聴診器 いま子
6か月位の赤ん坊かなと思いました。この頃は何にでも興味深々で、触り口にします。花冷えの聴診器に、診察室の様子や窓から見える桜など、連想が広がりました。

 

■長谷川一枝 選

児の手がつかむ花冷の聴診器 いま子
油絵のいろは教はりチューリップ 味千代
花守に守られゐるも花の徳 百合子
賑やかな妻で幸せヒヤシンス 眞二
☆牛たちの出発間近桜東風 紫峰人
毎年の行事かと思いますが、桜東風が牛たちの成長を見守っているような・・・

 

■藤江すみ江 選

木々は手を大きく拡げ桜東風 紫峰人
杓よりも小さき仏花御堂 恵美
眼裏に薄紅残る花疲 ひろか
春夕焼洗濯物の染まりをり 穐吉洋子
☆子供らを転がしてゐる春野かな 良枝
子供達が春の野原に遊んでいる光景を 主語は春野で 子供らを転がしてゐらと表現しているところが 良いと思いました

 

■箱守田鶴 選

落第に母は動ぜず養花天 雅子
花冷の夜のベンチに煙草の火 いま子
薔薇園のいちばん奥で待ち合はす 紳介
賑やかな妻で幸せヒヤシンス 眞二
☆日曜日桜の路を通り抜け 範子
近くの桜並木が満開である。だが普段はゆっくりお花見が出来ない。今日は日曜日、花がおわらないうちに、いや、もう散り始めているのかも、その中を念願通りに通り抜けて満足した一日なのでしょう。

 

■山田紳介 選

花冷や紅茶茶碗に金の縁 良枝
チューリップ優等生のごとく咲き 優美子
ふぞろいのクッション三つ春の暮 昭彦
仁和寺へ参る花人ばかりなり もと子
☆初めての街のやうなり花水木 いま子
通りに花水木の花が咲き満ちる。見慣れたこの街が、知る人など誰もいない異郷の地の如く見えて来始める。

 

■松井洋子 選

桜蘂降り止み雨の降り止まず 依子
豆の花ひとつが咲けば十咲いて 清子
子供らを転がしてゐる春野かな 良枝
春潮の厚み増したる夜更けかな 味千代
☆咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
一読して、日に照り映える花の白さや甘い香りまで伝わってくる。咲き満ちて軽くなったという詠み手の発見には、昂揚した気持ちも反映されたのだろう

 

■緒方恵美 選

雨上がるにはかに薔薇の匂ひ立ち 紳介
暮れなづむ川面煌めき遅ざくら 松井洋子
ステッキの歩み確かに花は葉に 依子
牡丹の芽芯に秘めたる炎かな
☆眼裏に薄紅残る花疲 ひろか
薄紅色の桜の素晴らしかった様を、巧みに季語「花疲」に託している。

 

■田中優美子 選

蜂蜜の匙をあふるる日永かな あき
ウイスキーグラスに菫一括り 眞二
さくら散る散るや紅深めつつ 雅子
風光る口数多き今日の母 飯田静
☆薔薇園のいちばん奥で待ち合はす 紳介
素敵な待ち合わせですね。薔薇園の奥へ奥へと読み手の心も誘われていきます。物語を感じる句だと思いました。

 

■チボーしづ香 選

旅鞄ひよいと担げば風光る 林檎
雲の影ゆるり移ろひ山笑ふ 昭彦
牛たちの出発間近桜東風 紫峰人
壺焼の栄螺香ばし浜の茶屋 亮成
☆瞬きの馬の眼に春の雲 穐吉洋子
長閑な春の様子が感じられる自然で良い句

 

■黒木康仁 選

旅鞄ひよいと担げば風光る 林檎
雪解や鳥の祭のやうな村
水音に耳傾けて蓮華草 飯田静
児の手がつかむ花冷の聴診器 いま子
☆ひつたりと閉ざせる校門飛花落花 田鶴
閉校になったばかりなのでしょうか無音の中を桜がこれでもかと散っています。

 

■矢澤真徳 選

をろがみて雛納むる一日あり 朋代
真つ向に春疾風受け電車待つ 雅子
叡山のあぶり出されし山桜 康仁
春雨や石灯篭も傾きぬ 康仁
☆結婚の話の土産蕨餅 範子
有名店のお洒落なお菓子ではなく、出来立ての蕨餅を買ってきたという青年の、実直で飾らない人柄を想像しました

 

■奥田眞二 選

旅疲れ花にかまけて西ひがし 有為子
嫌はれる勇気なぞ無しチューリップ 優美子
連翹の地より噴き上ぐ真昼かな 依子
咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
☆子供らを転がしてゐる春野かな 良枝
擬人化もまあ雄大、嬉々として遊び戯れている幼い子供たちの様子が絵のように読み取れて素敵です。

 

■中山亮成 選

草笛は靴箱の上入学す 百花
脇道に入ればせせらぎ花明り 雅子
眼裏に薄紅残る花疲 ひろか
児の手がつかむ花冷の聴診器 いま子
☆新社員回転ドアに深呼吸 栄子
新社員の緊張感を感じます。

 

■巫 依子 選

水温む筆の動きのやはらかく 伸子
一畳の書斎に飾る桜草 味千代
東京といふかげろふの中にをり 恵美
山笑ふリュックの鈴の鳴り通し ひろか
☆苗木市土の匂ひを広げたる ひろか
苗木市に出かけ、視覚ではなく、まず嗅覚に捉え…が、リアリティーがあっていいなと思いました。

 

■佐藤清子 選

みちのくに住まひ移して聖五月 範子
木道の先の湿原百千鳥 飯田静
棚霞筑波の裾を隠しけり 穐吉洋子
したたかな心は見せず垣通 雅子
☆落第に母は動ぜず養花天 雅子
「落第」に暗い印象がないことに気づきます。養花天という季語が全てを説明しているようで惹きつけられました。お子さんに対する思いと覚悟が明るくて力強くて頼もしいです。

 

■水田和代 選

棚霞筑波の裾を隠しけり 穐吉洋子
つきつぎにトンネル抜ける山笑ふ 栄子
和蠟燭灯して湯宿竹の秋
富士箱根一望の春惜しみけり 眞二
☆草笛は靴箱の上入学す 百花
草笛を拭いて遊んでいた子どもが入学をして、喜びとちょっと寂しい気持ちが靴箱の上の草笛に託されています。

 

■梅田実代 選

今年までかもしれぬ茶を摘みにけり 和代
廃村に共同墓地や芦の角 一枝
子供らを転がしてゐる春野かな 良枝
地球儀を回して春を惜しみけり 由布子
☆新入生いつもの犬に吠えらるる 松井洋子
ユーモアが感じられて楽しい御句です。新入生の小ささ、初々しさが見えてきます。

 

■鎌田由布子 選

山門の小さく見ゆる桜かな 恵美
杓よりも小さき仏花御堂 恵美
春のオリオン夜間飛行の掠めたる 栄子
山笑ふ窓といふ窓開け放ち 宏実
☆リラ咲いてリラのかをりの降る街に 伸子
リラの花咲く素敵な街を想像しました。リラは私の大好きな花です。

 

■牛島あき 選

おぼろ夜やつまづくやうに物わすれ 眞二
地球儀を回して春を惜しみけり 由布子
庭小さしされど山吹容赦なき 田鶴
山門の小さく見ゆる桜かな 恵美
☆屋上を窓に見下ろし春の雪 林檎
作者の立ち位置の設定にオリジナリティーを感じました。その立体感に浮かび上がる「春の雪」の柔らかさが素敵です。

 

■荒木百合子 選

気に入りの春服選び美容院 範子
賑やかな妻で幸せヒヤシンス 眞二
この更地何のありしか花水木 味千代
とどまらぬ時間のごとく花筏 真徳
☆生れしまま傷ひとつなきチューリップ 真徳
チューリップは自己完結性という言葉が似合う花と思いますが、それはこの句の印象とよく重なっています。

 

■宮内百花 選

褪せながら散りながらなほ紫木蓮 優美子
庭小さしされど山吹容赦なき 田鶴
結婚の話の土産蕨餅 範子
眼裏に薄紅残る花疲 ひろか
☆洞窟の安らぎに似て春眠し 良枝
縄文時代以前の人々の洞窟暮らしに思いを馳せると、仄暗く穏やかな風の吹きこむ洞窟でまどろむ時間は、大層素敵に思われる。

 

■鈴木紫峰人 選

ふらここの揺れ残りけり五時の鐘 ひろか
春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
雲の影ゆるり移ろひ山笑ふ 昭彦
湧き水の音や紫蘭の咲き初めし 飯田静
☆生まれくる言葉のごとく石鹸玉 真徳
子どもが吹いて遊んでいる石鹸玉は、その子の思いをのせた言葉のようだとん、きらめく一瞬をとらえている。

 

■吉田林檎 選

花筏殿またも先駆けに 松井洋子
うららかや指丸く持つクリームパン 良枝
D51の膚つめたし飛花落花 実代
ふらここの揺れ残りけり五時の鐘 ひろか
☆蜂蜜の匙をあふるる日永かな あき
日永の概念に形を与えるとこんな感じなのかもしれません。蜂蜜に映える日差しも感じられます。

 

■小松有為子 選

山門を額と見立てて花盛り すみ江
銀鱗の煽れば揺らぐ花筏 松井洋子
鮮やかに空色映す忘れ潮 ひろか
地球儀を回して春を惜しみけり 由布子
☆おぼろ夜やつまづくやうに物忘れ 眞二
突然に起こる物忘れに嘆きつつも暮らしに躓かぬように気をつけたいです。

 

■岡崎昭彦 選

揺れやすきものにお下げと罌粟の花 実代
生れくる言葉のごとく石鹸玉 真徳
連れ合ひの手招きに見る山桜 チボーしづ香
対岸へ渡る術なく桜狩 良枝
☆ぽつねんと眺める春の海の果 眞二
陽光と潮の香を感じる句です。

 

■山内雪 選

苗木市土の匂ひを広げたる ひろか
新社員回転ドアに深呼吸 栄子
古墳より望む海峡木の芽風 康夫
眼裏に薄紅残る花疲 ひろか
☆高瀬舟今も舫ひて花の昼 すみ江
高瀬舟が今もあるのかと驚いていたら季語の花の昼で力が抜けた。

 

■穐吉洋子 選

新しき机届きぬ春の風 宏実
みどりごの乳飲むちから春や春 真徳
囀の降りくるところ立子墓所 実代
春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
☆海峡の流れの速し先帝祭 由布子
あの痛ましい壇ノ浦の戦いで入水した幼帝安徳天皇の祭りを峡の流れの速しで上手く読み上げていると思います。

 

■若狭いま子 選

伝言板消えて幾年春寒し 穐吉洋子
牡丹の芽炎の恋をまだ知らず
落第に母は動ぜず養花天 雅子
東京といふかげろふの中にをり 恵美
☆春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
書店の春灯に新刊書の帯がうつくしく映えていて、おのずと本の内容にも期待がふくらんできます。本を手に取りパラパラとページを開いたり、手近の書架の本をあれこれ物色する心ときめくひと時が伝わってきます。

 

■松井伸子 選

ゆるやかに曲る渡良瀬風光る 穐吉洋子
地球儀を回して春を惜しみけり 由布子
振袖の帯胸高に八重桜 一枝
廃村に共同墓地や芦の角 一枝
☆一畳の書斎に飾る桜草 味千代
広ければ広いなりに本やノートが散らばります。すっきりと集中できる空間!

 

■長坂宏実 選

みちのくに住まひ移して聖五月 範子
野遊びや爪の中まで黒くして 味千代
太陽をしかと受け止めチューリップ 優美子
とどまらぬ時間のごとく花筏 真徳
☆五千歩もすれば気が晴れ山若葉 あき
新緑の季節に散歩をすると、憂鬱な気分も晴れ晴れとするので、とても共感できました。

 

■木邑杏 選

咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
飛花落花幹に箒を立てかけて 雅子
春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
緑立ついよよ吾子の手離す時 百花
☆オルガニストの指先ひかるイースター 伸子
復活祭の喜び、パイプオルガンを弾く奏者の指先にも優しい光が差している。イースターが効いている。

 

■鈴木ひろか 選

油絵のいろは教はりチューリップ 味千代
雨上がるにはかに薔薇の匂ひ立ち 紳介
咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
春灯や帯うつくしき新刊書 恵美
☆新社員回転ドアに深呼吸 栄子
会社に入る回転ドアの前で緊張を解く為の深呼吸。自分が新入社員だった頃を思い出します。

 

■深澤範子 選

うららかや子の髪ひだまりの匂ひ 味千代
チューリップ夜には夜の色したる 優美子
咲き満ちてより白藤の軽きこと 実代
這ひ這ひが立つちに代はり夏近し チボーしづ香
☆みどりごの乳飲むちから春や春 真徳
春が来た喜びとみどりごの生きる力の力強さを感じている喜びが伝わってきます。

 

◆今月のワンポイント

「無駄を省こう」

十七音しかない俳句ですから、言わなくてもわかる言葉をわざわざ入れたり、表現にダブりがあったりすることは、とてももったいないことです。
逆に、意識しすぎて無理な省略をしていることもあります。言葉としておかしかったり、読み手に伝わらない場合がありますので、こちらも要注意です。
今回入選にいたらなかった句の中から、先生の指摘のあった句を共有しておきます。
どういうところが無駄なのか、考えてみるとよいでしょう。

菜の花の明るさだけが暮れ残り

風立ちて畦の火が走り出す

水の中ちよこまか動くおたまじやくし

をろがみて雛納むる一日あり

多摩川にビル影うかび

松枝真理子

◆特選句 西村 和子 選

一番に咲き星組のチューリップ
若狭いま子
幼稚園もしくは保育園の園庭での光景。
クラスごとにチューリップを育てていたのが、最初に星組のチューリップが咲いたのだ。星組の子どもの得意げな顔、他のクラスの子どものうらやましそうな顔など、園児の様々な表情、さらには園庭で遊ぶ子供たちの声までも聞こえてくる。(松枝真理子)

 

日の丸の白地の黄ばみ紀元節
中山亮成
建国記念日に日章旗を掲げようと出してみると、黄ばんでいるのに気付いた。旗はかなり古いが、簡単に買いかえるようなものでもない。このまま大事に使い続けていくのだ。積み重ねてきた年月の重みが感じられる。(松枝真理子)

 

句敵の声の聞こえて山笑ふ
三好康夫
ひそかに句敵としているライバルがいるのだろう。句会から遠ざかっていたその人が、久しぶりに句会に出席して名乗りをあげた。名乗りの声が元気そうで、作者はほっとしたのだ。
「山笑ふ」が作者の気持ちの象徴であると同時に、土地柄や句会の雰囲気なども語っている。(松枝真理子)

 

初蝶や手押しポンプは水弾き
松井伸子
季語「初蝶」と手押しポンプの取り合わせが成功している句。
ポンプから勢いよく噴き出す水と初蝶が響きあい、水のきらめきが立ち上がってくるようだ。
生命力にあふれ、躍動的な季節のはじまりが感じられる。(松枝真理子)

 

苗札を立てて半信半疑なり
小山良枝
いま、まさに種をまき終えた作者。苗札をたててみて、何だか妙な気分になる。
本当にここに芽が出てくるのだろうか? あんな小さな種から?
はからいのない素直な表現が、功を奏している。(松枝真理子)

 

雛の客とてなき二人暮らしかな
奥田眞二
子どもが巣立ち、夫婦二人の暮らしを送っているのだろう。
昔は雛祭りをにぎやかに祝ったことを思い出し、そして、今は雛祭りといって出かける予定も、誰かが訪ねてくる予定もないのだと、あらためて思う。
淡々とした措辞から、作者のしみじみとした心情が伝わってくる。
作者はこの穏やかな暮らしを存外気に入っているにちがいない。(松枝真理子)

 

でこぼこのつぎはぎ道路冴返る
森山栄子

 

卒園児夢を叫びて着席す
鏡味味千代

 

三階の出窓にトルソーおぼろの夜
緒方恵美

 

主義主張なきにはあらず蕨餅
梅田実代

 

雪解や線香あげに来しと言ふ
山内雪

 

最終ホール静まり返り百千鳥
鈴木ひろか

 

 

◆入選句 西村 和子 選

春の波小さき足跡追ひかけて
鎌田由布子

このCD返せぬままに卒業す
梅田実代
(そのCD返せぬままに卒業す)

風待ちの鳥のやうなる白木蓮
巫依子

菜の花や地裁に並ぶ百の窓
梅田実代

江ノ電に鳶の伴走うららけし
鈴木ひろか

下萌や堆肥のにほふ農学部
牛島あき

降り立ちて海の匂ひと若布の香
飯田静
(降りたれば海の匂ひと若布の香)

卒業を果たせぬ出征学徒ありき
奥田眞二
(卒業を果たせぬ出征学徒あり)

ふたみ言交はし別るる梅の下
小野雅子

はくれんの灯り初めたる宵の雨
松井洋子
(はくれんの灯り初めたる雨の宵)

曲水や笙聞こえ来る太鼓橋
木邑杏

木々なべて湖畔に斜め水の春
佐藤清子
(木々すべて湖畔に斜め水の春)

ここは何処旅に目覚めし白障子
藤江すみ江
(旅に覚め白障子ここは何処と)

軽やかにトレモロ奏で雪解水
荒木百合子
(軽やかにトレモロ奏づ雪解水)

ざくざくと残雪踏めり星ふる夜
鈴木紫峰人

囀や音楽堂の高みより
松井伸子

千代紙の小箱に納め紙雛
鈴木ひろか

あたたかや木の香槌音釘打つ音
松井伸子
(あたたかや木の香槌音釘の音)

鼻筋の通る横顔雛納め
飯田静

芽柳の枝きらきらと触れ合へる
板垣もと子
(きらきらと芽柳の枝触れ合へる)

幼子の声に膨らむ猫柳
小野雅子

OLと呼ばれし昔春手套
長谷川一枝

何入れるでもなき小箱春灯
藤江すみ江

春寒く空白多き予定表
梅田実代
(春寒く余白の多き予定表)

囀りの上に囀り切通し
緒方恵美

ひとまはりふたまはりして鳥雲に
小山良枝

初ざくら祝結婚の木札下げ
長谷川一枝
(祝結婚と木札ありけり初ざくら)

春浅き川音かすか露天の湯
岡崎昭彦
(春浅し川音かすか露天の湯)

鳥返る空には空の時流れ
山田紳介

公会堂朽ちゆくままに養花天
梅田実代

点三つ目鼻ほほ笑む紙雛
松井洋子
(点三つの目鼻ほほ笑み紙雛)

ごめんねと言ひて覚めたり春の夢
田中優美子

子がはねてボールがとんで春の土
松井伸子

窓開けて耳をすませば鶯か
チボーしづ香

てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける
山田紳介

釣り人のひとり離れて春の湖
小野雅子

天狗岩どつしり構へ山笑ふ
深澤範子
(山笑ふどつしり構へ天狗岩)

目の慣れて土筆ここにもあそこにも
松井洋子

小綬鶏や海を見晴らす展望台
飯田静

消防車のサイレンちぎれ春一番
牛島あき

巷塵を一掃したり夜の春雷
板垣もと子
(巷塵を一掃したる夜の春雷)

ロープウェーより風光る港町
巫依子

お向ひの今日も灯らず沈丁花
森山栄子

花人の遠巻きにして大道芸
箱守田鶴

春の風若草山を駆け登り
辻敦丸
(春風の若草山を駆け登り)

沈丁が咲いたと声の弾みをり
松井伸子
(沈丁が咲いたよと声弾みをり)

若き日の父母の面影古雛
松井洋子

春の水追ひつ追はれつ急ぎゆく
矢澤真徳

三味線草雨の匂ひの残る路地
緒方恵美

梅園へ誘ふ看板唐棣色
板垣もと子

仕舞湯の窓に大きく春の月
長谷川一枝

深々と黙礼をして卒業子
山田紳介

啓蟄やコロコロ笑ふ女どち
飯田静
(啓蟄やコロコロ笑う女どち)

地下鉄へ降りつつ畳む春ショール
小野雅子

使はざる鉛筆あまた土筆生ふ
松井伸子

古雛や父手作りの笏を持ち
松井洋子

真つ新のシャツより白き初蝶来
松井洋子

鞠手鞠つるす転がす雛祭
木邑杏
(鞠手鞠つるす転がす雛祭り)

春日差幼なの会話たどたどし
藤江すみ江
(たどたどし幼なの会話春日差し)

夕東風やおいでおいでと赤提灯
奥田眞二

エプロンのまま見送りぬ新入生
鏡味味千代
(新入生エプロンのまま見送りぬ)

柱錆び鉄路は錆びず鳥の恋
吉田林檎

ギャルソンのエプロンきりり百千鳥
梅田実代

柴犬の眼きりりと春の宵
深澤範子

薔薇の芽やことばの欠片つながらず
松井伸子

亀鳴くを聞きしと髭の翁かな
深澤範子

 

 

◆互選

各人が選んだ五句のうち、一番の句(☆印)についてのコメントをいただいています。

■小山良枝 選

一番に咲き星組のチューリップ いま子
初蝶や手押しポンプは水弾き 伸子
地図帳の開いてありぬ卒業期 実代
てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける 紳介
☆振り仮名を附す入学の子の名簿 眞二
入学と言うと、入学する側から詠まれがちですが、この句の場合、先生側から詠まれているところに目を引かれました。子供だけでなく、先生も緊張感を持って臨んでいるのですね。

 

■飯田 静 選

下萌や堆肥のにほふ農学部 あき
啓蟄や箪笥にえらぶ萌葱色 あき
振り仮名を附す入学の子の名簿 眞二
手足得て杭に掴まる蛙の子 亮成
☆一番に咲き星組のチューリップ いま子
幼稚園で組ごとに植えたチューリップ。星組の子供たちの自慢げな顔が浮かびます。

 

■鏡味味千代 選

春めくや螺鈿細工の夜光貝
仕舞湯の窓に大きく春の月 一枝
苗札を立てて半信半疑なり 良枝
囀りの上に囀り切通し 恵美
☆古色もて雛の傷の癒えにけり 栄子
古びて少し茶色がかってきた雛人形。その色と傷の色が似ていて、傷が目立たなくなったのでしょう。面白い視点と、普通は古くなったことを儚く思うところですが、傷が癒えたと、むしろ長い間大切にされていた愛情を感じさせる心にひかれました。

 

■千明朋代 選

春めくや螺鈿細工の夜光貝
何入れるでもなき小箱春灯 すみ江
落ちながら堰をはやして春の水 あき
吹かるれば鳴らむばかりのあせびかな いま子
☆目の慣れて土筆ここにもあそこにも 松井洋子
句に出来なかった私の実感を、現わしていたので、びっくりしました。

 

■辻 敦丸 選

貝母咲く荘子を語る友一人 朋代
磯遊び絵を描きたる潮と岩 新芽
釣り人のひとり離れて春の湖 雅子
風待ちの鳥のやうなる白木蓮 依子
☆ひとまはりふたまはりして鳥雲に 良枝
惜別の感頻りの句。

 

■三好康夫 選

夕飯の支度忘れてゐる遅日 百合子
仕舞湯の窓に大きく春の月 一枝
蕨摘む小気味よき音手に受けて 一枝
ロープウェーより風光る港町 依子
☆島山の笑い出したる架橋かな 依子
春本番の瀬戸大橋が目に浮かびました。

 

■森山栄子 選

卒業や胸のメダイを交換し 実代
ギャルソンのエプロンきりり百千鳥 実代
旅人に住みなす者に初桜 依子
目の慣れて土筆ここにもあそこにも 松井洋子
☆春愁やいつもと同じバスに乗り 紳介
いつもと同じバスに乗り、日常と言えるルーティンの中でふと春愁を感じた作者。繊細な感覚が自然な表現で描かれている一句だと思います。

 

■小野雅子 選

春愁やいつもと同じバスに乗り 紳介
鳥帰る空には空の時流れ 紳介
あたたかや木の香槌音釘打つ音 伸子
何入れるでもなき小箱春灯 すみ江江
☆菜の花や地裁に並ぶ百の窓 実代
菜の花は巡る季節の象徴であり生命の息吹。地裁は人を裁くところ。そこには憎しみや悲しみ、苦しみ等の不条理がいっぱい。百の窓は百の悲劇だ。

 

■長谷川一枝 選

一番に咲き星組のチューリップ いま子
三月の空に起伏のありにけり 良枝
薔薇の芽やことばの欠片つながらず 伸子
梅園へ誘ふ看板唐棣色 もと子
☆このCD返せぬままに卒業す 実代
場面は違いますが、「返してね」の一言が言えず、未だにそのままです。

 

■藤江すみ江 選

ひと刷毛の白き雲行く春の海 敦丸
庭掃いて春の日差を掃き寄する 雅子
啓蟄や引越し車行き交ひて 康仁
消防車のサイレンちぎれ春一番 あき
☆祈りさへ届かぬ戦禍涅槃雪 味千代
戦争のニュースばかりで胸が痛む日々ですが なかなか句に詠むには難しいです 涅槃雪の季語も適切と思います。

 

■箱守田鶴 選

囀の上に囀切通し 恵美
一人づつ労ひながら雛納 良枝
下萌や堆肥のにほふ農学部 あき
啓蟄の土をつけたる犬の鼻 ひろか
☆一番に咲き星組のチューリップ いま子
星組のみんなで育てたチューリップであることが嬉しい、他の組に先がけて咲いたのが誇らしい。17文字で幼稚園の楽しさを語っている。

 

■山田紳介 選

明るき明日頼むこころや種袋 百合子
花冷えや両手に包みマグカップ 和代
花冷えの指先頬に当てて見る 由布子
下萌や堆肥のにほふ農学部 あき
☆一番に咲き星組のチューリップ いま子
「星組」が良いですね。園児の笑顔が浮かんで来るよう。

 

■松井洋子 選

囀や音楽堂の高みより 伸子
蕨摘む小気味よき音手に受けて 一枝
春寒く空白多き予定表 実代
夜に沈みゐてはくれんの明るさよ 依子
☆庭掃いて春の日差を掃き寄する 雅子
「春の日差を掃き寄する」という表現が詠み手の喜びをよく表している。清々しくなった庭に揺れる木洩れ日が見えてくるようだ。

 

■緒方恵美 選

飛び立ちて行く宛のなし小灰蝶 真徳
行間のやうなひと日を初燕 依子
回廊の角に梵鐘風光る 栄子
小綬鶏や海を見晴らす展望台 飯田静
☆照らされしもの皆丸く春の月 味千代
照らされしもの皆丸く春の月そう言えば、春の月の潤んだ感じから照らされたものが「丸く」見えるとは、言い得て妙だ。

 

■田中優美子 選

卒業を果たせぬ出征学徒ありき 眞二
二歩三歩過ぎて沈丁花へ戻り 田鶴
白木蓮蕊を晒して散りにけり 穐吉洋子
霞より出でて一羽の鳥となる 恵美
☆しやぼん玉ひとつ大事に吹きし頃 伸子
子どもの頃、しゃぼん玉ひとつに大切に息を吹きこむだけで、とてもわくわくした。同じように、飴玉ひとつもらうだけで、歌をくちずさむだけで、満たされたあの頃。大人になって、できることは増えたはずなのに、なぜか幸せになるのは難しくなった気がする。深く考えさせられる句でした。

 

■チボーしづ香 選

春寒く空白多き予定表 実代
一枚の版画に夜の雑木の芽 依子
貝殻を探す小さき手春の浜 由布子
侵攻に子を抱き春泥逃げまどふ いま子
☆春の水追ひつ追はれつ急ぎゆく 真徳
雪解けで水笠が増す川の水は勢いを増す、しかしこの句は春の柔らかさをうまく言い表している。

 

■黒木康仁 選

てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける 紳介
ひとまはりふたまはりして鳥雲に 良枝
啓蟄の土をつけたる犬の鼻 ひろか
誰が為の残業春の雪しまく 優美子
☆南仏の空に大隊雁帰る チボーしづ香
日本の雁はシベリアへ帰りますが、フランスの雁はどこへ帰るのでしょうか?まさかあの地では……。

 

■矢澤真徳 選

手足得て杭に掴まる蛙の子 亮成
庭掃いて春の日差を掃き寄する 雅子
仕舞湯の窓に大きく春の月 一枝
消防車のサイレンちぎれ春一番 あき
☆子がはねてボールがとんで春の土 伸子
たとえばサッカーをしている子供たち。ボールと同じくらい飛び跳ねている様子が浮かんできます。見ている作者の心の華やぎが、春の土、という言葉に凝縮しているような気がしました。

 

■奥田眞二 選

落ちながら堰をはやして春の水 あき
日の丸の白地の黄ばみ紀元節 亮成
海行かば謳ふ漢や春憂ひ 一枝
苗札を立てて半信半疑なり 良枝
☆囀りの上に囀り切通し 恵美
音の響く地形の切通での聴覚の一瞬をお上手に句にされた、敬服です。

 

■中山亮成 選

啓蟄の土をつけたる犬の鼻 ひろか
春まつり昔玩具の貝屏風 ひろか
落ちながら堰をはやして春の水 あき
蟄居せし間に春に追ひ越され 味千代
☆耕しの金鍬濯ぐ背戸の川 雅子
昔の日本の原風景に好感を持ちました。

 

■髙野新芽 選

菜の花や地裁に並ぶ百の窓 実代
去年の実を垂らす街路樹木の芽風 紫峰人
雪の果て止まるが如く散る如く 昭彦
庭掃いて春の日差を掃き寄する 雅子
☆忘れ雪玄界灘の海蒼き 朋代
季節外れの気象に自然の壮大さを感じる句でした。

 

■巫 依子 選

はくれんの灯り初めたる宵の雨 松井洋子
冴返る隣人の訃が新聞に
てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける 紳介
一番に咲き星組のチューリップ いま子
☆春の夢辻褄合はせしたくなり 優美子
夢だから辻褄が合うはずなんて無いのはわかっていても、思わず辻褄合わせしたくなるほど・・・そんなある日の春の夢の実感に共感。

 

■佐藤清子 選

仕舞湯の窓に大きく春の月 一枝
三味線草雨の匂ひの残る路地 恵美
ざくざくと残雪踏めり星ふる夜 紫峰人
武蔵野の樹々を透かして春浅し 昭彦
☆梅が香に誘はれしまま芭蕉庵 康仁
梅の季節は特別という想いに共感しました。探梅に始まって満開となるまで楽しんだと感じます。そしてランチは芭蕉庵でお蕎麦というコースでしょうか。それにしても一番美味なのは近寄って嗅ぐ梅の香りですね。

 

■水田和代 選

吹かるれば鳴らむばかりのあせびかな いま子
花ミモザ閉門時間迫るなり 味千代
夕飯の支度忘れてゐる遅日 百合子
武蔵野の樹々を透かして春浅し 昭彦
☆少しづつ闇に変はりぬ春の海 紳介
海の暮れていく様子を美しく描いていると思いました。春ののどかさが感じられます。

 

■梅田実代 選

落ちながら堰をはやして春の水 あき
何入れるでもなき小箱春灯 すみ江
地下鉄へ降りつつ畳む春ショール 雅子
なにやらを咥へ飛び立ち雀の子 一枝
☆明るき明日頼むこころや種袋 百合子
閉塞感の漂う昨今、これから芽を出し花を咲かせ実をつける種の入った袋に明るき明日を頼むこころに共感しました。

 

■鎌田由布子 選

長閑なり土手より臨むお城山 栄子
江ノ電に鳶の伴走うららけし ひろか
囀りの上に囀り切通し 恵美
分譲の幟の並ぶ四温晴 栄子
☆春光のスポーツカーと耕運機 雅子
スポーツカーと耕運機の取り合わせが面白いと思いました。

 

■牛島あき 選

蕨摘む小気味よき音手に受けて 一枝
手足得て杭に掴まる蛙の子 亮成
しやぼん玉ひとつ大事に吹きし頃 伸子
春泥へ水色の長靴履いて 和代
☆ロープウェーより風光る港町 依子
「風光る港町」が素敵!高い所から港町を見下ろすという構図に思わず引き込まれました。ロープウェーと言うからには、神戸のような大規模な港町かと思われますが、鄙びた漁港の波のきらめきも目に浮かびました。

 

■荒木百合子 選

啓蟄や箪笥にえらぶ萌葱色 あき
大の字に寝て温かき子供かな チボーしづ香
宵闇の庭にほのかなミモザの黄 いま子
夜に沈みゐてはくれんの明るさよ 依子
☆風待ちの鳥のやうなる白木蓮 依子
春先に白く大きな蕾が目立つ白木蓮。微妙に同じ方向に揃って傾く蕾は本当にこの句の感じですね。

 

■宮内百花 選

照らされしもの皆丸く春の月 味千代
消防車のサイレンちぎれ春一番 あき
春光のスポーツカーと耕運機 雅子
鏡文字すつかり消えて進級す 実代
☆鳥帰る空には空の時流れ 紳介
人は北帰行の空を見上げ、鳥たちを見送ることしかできない。上空ではどのような時間が流れているのだろう。鳥の気持ちを想像させる一句。

 

■鈴木紫峰人 選

梅東風や暖簾潜りし四人連れ もと子
千代紙の小箱に納め紙雛 ひろか
発つ一羽追ひて一羽や梅七分 雅子
古雛や父手作りの笏を持ち 松井洋子
☆はくれんの灯り初めたる宵の雨 松井洋子
はくれんが春の宵の中、一つ二つと開き初め、白い、明るい光となって作者の心をも照らしてくれるように感じました。

 

■吉田林檎 選

公会堂朽ちゆくままに養花天 実代
春愁やいつもと同じバスに乗り 紳介
句敵の声の聞こえて山笑ふ 康夫
使はざる鉛筆あまた土筆生ふ 伸子
☆お向ひの今日も灯らず沈丁花 栄子
お向かいさん、どうしているのかしら?と気になる日々。疫病の流行る世の中ではなおのこと気になります。それでも沈丁花は着々と花を咲かせ、香りを放っている。その対比が面白いと思いました。

 

■小松有為子 選

啓蟄や箪笥にえらぶ萌葱色 あき
春浅き川音かすか露天の湯 昭彦
真つ新のシャツより白き初蝶来 松井洋子
夜に沈みゐてはくれんの明るさよ 依子
☆四月馬鹿大阪で聞く標準語 味千代
思わず笑ってしまいました。歯切れの良さが素敵です。

 

■岡崎昭彦 選

鳥帰る空には空の時流れ 紳介
指笛や川面転がる小さき春 敦丸
照らされしもの皆丸く春の月 味千代
夕東風やおいでおいでと赤提灯 眞二
☆春の夢さつさと覚めて朝支度 優美子
さっぱりとした作者の性格が見えるようで思わず笑みが漏れる句でした。

 

■山内雪 選

啓蟄や赤子の眼きょろきょろと 飯田静
消防車のサイレンちぎれ春一番 あき
蕨摘む小気味よき音手に受けて 一枝
鳥帰る空には空の時流れ 紳介
☆啓蟄の土をつけたる犬の鼻 ひろか
そこいらじゅうクンクンやってきた事がわかり、啓蟄のエネルギーを感じる。

 

■穐吉洋子 選

侵攻に子を抱き春泥逃げまどふ いま子
下萌や堆肥のにほふ農学部 あき
振り仮名を附す入学の子の名簿 眞二
祈りさへ届かぬ戦禍涅槃雪 味千代
☆日の丸の白地の黄ばみ紀元節 亮成
今は祝日に国旗を掲げる家も少なく箪笥に閉まったまま、紀元節に出してみるとすっかり黄ばんだ国旗、人生の黄昏を感じます。

 

■若狭いま子 選

卒業を果たせぬ出征学徒ありき 眞二
戦ひの終結祈る白木蓮 穐吉洋子
蕨摘む小気味よき音手に受けて 一枝
梅が枝を持ちて羽衣舞ひにける
☆でこぼこのつぎはぎ道路冴返る 栄子
足弱の身にとってこの句の道路事情が痛切な実感として伝わってきます。

 

■松井伸子 選

深々と黙礼をして卒業子 紳介
幼子の声に膨らむ猫柳 雅子
振り仮名を附す入学の子の名簿 眞二
公会堂朽ちゆくままに養花天 実代
☆春の風若草山を駆け登り 敦丸
わくわくと春の喜びが伝わってきます。若々しくて躍動感に満ちて読む者も心弾みます。

 

■長坂宏実 選

梅が枝を持ちて羽衣舞ひにける
しやぼん玉ひとつ大事に吹きし頃 伸子
散歩道肩に触れたる猫柳 範子
たんぽぽに摘む楽しさを教はりて 百花
☆てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける 紳介
暖かな親子の様子が目に浮かびます。

 

■木邑杏 選

夜に沈みゐてはくれんの明るさよ 依子
侵攻に子を抱き春泥逃げまどふ いま子
あたたかや木の香槌音釘打つ音 伸子
ざくざくと残雪踏めり星ふる夜 紫峰人
☆リハーサルの舞台に残る余寒かな 味千代
本番に備えてリハーサルをするのだが、観客のいない劇場は暖房も無く寒さが堪える。余寒ですね。

 

■鈴木ひろか 選

苗札を立てて半信半疑なり 良枝
小綬鶏や海を見晴らす展望台
霞より出でて一羽の鳥となる 恵美
お向ひの今日も灯らず沈丁花 栄子
☆桃の花子へのひと言飲み込みぬ 百花
「大人になってきた子へかける言葉の難しさ」に同感。季語の桃の花に親の愛情を感じる。

 

■深澤範子 選

吹かるれば鳴らむばかりのあせびかな いま子
白木蓮蕊を晒して散りにけり 穐吉洋子
夜半さめて春の嵐や又三郎 真徳
降り立ちて海の匂ひと若布の香
☆てふてふを追ひ掛ける子を追ひ掛ける 紳介
春の情景が浮かんできて、いい句だと思いました。リフレインも効いていると思います。

 

 

◆今月のワンポイント

「推敲について」

句ができるとほっとしてそのまま出してしまいがちですが、必ず推敲するようにしましょう。
時間がなくても、最低限、漢字や仮名遣いの間違いがないか見直してください。
余裕があれば、「てにをは」を確認したり、語順を入れ替えたり、違う言葉に置き換えたりしてみます。
あまりやりすぎると、結局元の句がよかったということもよくありますが・・・・・・。
何はともあれ、「できた!」と思ったその後、締切間際の5分間がとても大事なのです。
松枝真理子

◆特選句 西村 和子 選

バス停は岬南端春隣
鈴木ひろか
春を先取りしたくて、海へと足を延ばした作者。
バス停が岬の南端にあるという事実を淡々と詠んでいるが、それが「南端」であること、また軽やかな措辞が季語の「春隣」と響き合っている。
岬の先に広がる海の光景も見えてくる。
(松枝真理子)

 

園庭の子等皆薄着梅ふふむ
飯田静
通りかかった園庭をのぞくと、元気に子どもたちが遊んでいる。
その動きをなんとなく目で追っていると、存外薄着なのに気付いた。
ふと見ると、園庭の隅の梅がふくらんで開花間近である。子どもの方が大人よりも早く春を感じているのだ。
「梅ふふむ」とこれから成長する子ども達がリンクしていて、希望に満ちた明るい句である。
(松枝真理子)

 

三日月のいよよとんがり冴返る
藤江すみ江
春の月は「朧月」いう季語もあるように、かすんで見えることも多い。
だがそれと違い、この夜の三日月はますます尖ってみえた。それは寒の戻りで空気が澄み切っていたからでもあるし、作者の心象風景でもあろう。
「冴返る」の季語がよく効いている。
(松枝真理子)

 

城壁の石組固く梅白し
板垣もと子
作者の住んでいる町の城を詠んだ句と想像した。
城壁の石組みをまじまじと見て、その技術に圧倒されるばかりでなく、城が作られた時代にまで思いを馳せる作者。
「梅白し」からは、武士の凛とした立ち姿が思い浮かび、先人達の思いや覚悟までも伝わってくる。
(松枝真理子)

 

薔薇の芽の赤ぽつちりとみつちりと
小野雅子
句の前半と後半、それぞれに表現の工夫が見られる句である。
まず、「赤き薔薇の芽」ではなく、「薔薇の芽の赤」としたところに工夫がある。
これによって焦点が絞られ、読み手にはくっきりと薔薇の芽の赤みが見えてくる。
また、「ぽつちりと」「みつちりと」と促音を含んだリフレインが、薔薇の芽の様子を的確に表している。
(松枝真理子)

 

浮かびてはまた一句消ゆ風邪の床
田中優美子
風邪といっても程度は様々だが、作者の風邪はかなりひどかったようだ。
床に臥していると、いろいろな思いが巡る。俳句がふっと浮かぶ場合もあるが、書き留めておくほどの気力はない。うとうとしている間に消えてしまい……ということが何度か繰り返される。そして後から思いだそうとしても思い出せず、「惜しかった!名句だったかもしれないのに!」と思うのだ。
俳句を作る人なら誰もが共感する句である。
(松枝真理子)

 

リボン縦結びやバレンタインデー
森山栄子
小学校高学年、もしくは中学生くらいの子が、手作りのチョコレートを作ったのだろう。
なれない手つきでラッピングすると、どうしてもリボンが縦結びになってしまうのだが、母親から見るとなんとも微笑ましい。
季語以外の記述が「リボン縦結びや」だけであるにもかかわらず、光景がよく見えてくる。
省略のよく効いた句である。
(松枝真理子)

 

一水の光を返し猫柳
緒方恵美

 

自画像のあご尖りたる余寒かな
梅田実代

 

見送りの声の伸びやか春の朝
鏡味味千代

 

雪煙より現るる対向車
山内雪

 

梅散るや雨の香のこる散策路
岡崎昭彦

 

 

 

◆入選句 西村 和子 選

水草生ふきららきららと水光り
松井伸子

春雪の寺に幽閉されしかに
巫依子

春の夜の下りホームに別れけり
鎌田由布子

春の月遠きものほど美しき
田中優美子

春立つや登校の子等背筋伸び
穐吉洋子
(春立つや登校子等の背筋伸び)

剥落の不動明王節分会
千明朋代

大雪の道をなんとか車椅子
深澤範子

途中から襟立て歩く余寒かな
鈴木ひろか

売り声の行つたり来たり焼き芋屋
長坂宏美
(焼き芋を売る声の行つたり来たり)

長安にむかし仙人春惜しむ
松井伸子
(惜春やむかし仙人長安に)

揉み合うて野焼の火と火風と風
牛島あき

春の昼みんな帰つてしまひけり
山田紳介
(春昼やみんな帰つてしまひけり)

参拝を終へて見上ぐる冬夕焼
千明朋代

引綿のやうに夕雲春浅し
森山栄子

春の雨結論すこし先延ばし
長谷川一枝

立春大吉買物カート満載に
若狭いま子

無人駅乗客もなく春の月
鏡味味千代

山焼の熱気思はず退りけり
木邑杏
(山焼や熱気思はず退りけり)

うつつなき母枕辺の雛あられ
奥田眞二

山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ
深澤範子

梅が香やちちはは元気なりし頃
小野雅子
(梅が香やちちはは元気だつた頃)

早春の人まばらなる珈琲店
岡崎昭彦
(早春や声まばらなる珈琲店)

かの銀杏ひこばえ育つ実朝忌
奥田眞二

雪の夜の底に集配所の灯る
梅田実代

春ショール物産展の人波へ
田中優美子

客を待つ庭整へて雛の家
水田和代
(客を待つ庭整ひて雛の家)

寒晴れや大東京の果ていづこ
山内雪
(寒晴れや大東京の果てはどこ)

金縷梅の小声なれども陽気なり
小山良枝

急ぎ来る白鳥羽を怒らせて
宮内百花

風の音止みて風花とぎれけり
三好康夫

家鳴りの大きくひとつ冴返る
田中優美子

介護士の手のひら赤し寒戻る
松井洋子
(介護士の赤き手のひら寒戻る)

地図に無き径に迷へば茨の芽
松井洋子

黙々と飯平らげし受験生
鏡味味千代
(黙々と飯平らげる受験生)

ふらここを押す手の小さくこそばゆく
松井伸子
(ふらここを押す手ちひさくこそばゆく)

鏡面の輝き放ち薄氷
鎌田由布子

春寒し郵便受けのひんやりと
若狭いま子

お手植ゑの梅の蕾のひとならび
飯田静

凍返るたびに菜畑の色深め
松井洋子

雪解けて足跡のまづ透けにけり
鏡味味千代
(雪解けに足跡のまづ透けにけり)

教室にひとり残りて春の昼
山田紳介

青竹の茶杓の軽き初点前
千明朋代

冴返るこの頃増えし独り言
穐吉洋子
(冴返るこの頃増えぬ独り言)

幼子の尻もちとんと春の土
鈴木ひろか

春寒し石階降りるピンヒール
飯田静
(春寒し階降りるピンヒール)

囀や半熟玉子流れ出し
小山良枝

紅梅の遠目にほのとうちけぶり
荒木百合子

海からの風の和らぎ春めきぬ
鎌田由布子

室の花油彩の赤を使ひ切り
辻敦丸

自転車の轍重なる春の土
飯田静

盛り塩のやうに残れる春の雪
松井伸子

猫柳ふふむと見せてなほ固し
小松有為子

囀に呼び止められし大欅
飯田静

はためきてシーツ光れり春一番
松井洋子

仰ぎても青空ばかり初雲雀
長谷川一枝
(見上げても青空ばかり初雲雀)

子の点てし茶のまろやかに春隣
鈴木紫峰人

 

 

 

◆互選

各人が選んだ五句のうち、一番の句(☆印)についてのコメントをいただいています。

■小山良枝 選

恐竜の胃石のまろし春眠し 百花
ランドセル春の陽光跳ね返し 由布子
揉み合うて野焼の火と火風と風 あき
濃紅梅小さく咲きて香の深し 洋子
☆雪解けて足跡のまづ透けにけり 味千代
言われてみれば確かにそうですね。人か動物か分かりませんが、生き物の体温や息づきが足跡に宿っているようです。春の訪れを感じさせてくれる作品でした。


■飯田 静 選

時の気に匂ひ失せたる水仙花 依子
素通りや雪掻いて待つ郵便車
かの銀杏ひこばえ育つ実朝忌 眞二
梅ふふむ子等の手作り樹木札 ひろか
☆幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
歩き始めたばかりなのでしょう。嬉しそうに歩いているうちについた尻もちを春の土が優しく受け止めてくれました。秋でも冬でも夏でもこの句は成り立たないとおもいました。

 

■鏡味味千代 選

伊豆の山遥けく望む実朝忌 眞二
蕗味噌を舐めつ疎開の話なぞ 眞二
春の月遠きものほど美しき 優美子
蒲生野の雪深々と石佛 敦丸
☆待春と題の出てより春親し 栄子
春の季語を意識し出すと、急に身の回りにこんなにも春が溢れていることに気づきます。他の季節と比べて、春は殊にそれを感じます。

 

■千明朋代 選

独活きざむ刃先指先渋きかな 田鶴
北天にデネブ輝き冬終る 真徳
つくばひに水琴窟に春兆す 栄子
子の灯す蝋燭ほのと雪あかり 紫峰人
☆鳥帰る柩にそっと比良の地図 百合子
亡くなった人の魂が、鳥と一緒に行く光景が描かれていると思いました。

 

■辻 敦丸 選

囀は田の神様の露払ひ 康仁
仰ぎても青空ばかり初雲雀 一枝
仏の座ながめ終はりて耕せり 実代
自転車の轍重なる春の土 飯田静
☆幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
凍解けの土草が萌えはじめた春の喜びが生き生きと感じられる。

 

■三好康夫 選

自画像のあご尖りたる余寒かな 実代
天井に日の斑遊ばせ春炬燵 恵美
朝市の若布一盛り家苞に いま子
裸木の神経のごと枝の張り 亮成
☆素通りや雪掻いて待つ郵便車
残念。待ちましょう。

 

■森山栄子 選

自画像のあご尖りたる余寒かな 実代
カフェに待つ次の上映夕永し 林檎
子羊の余寒の中を生まれ来る チボーしづ香
花八手いつも何かを探しをり 優美子
☆恐竜の胃石のまろし春眠し 百花
恐竜のいた遥かな時間、胃石が形作られるまでの時間、いずれもゆったりとした流れがあり、春眠しというと言う季語と響き合っていると感じました。

 

■小野雅子 選

揉み合うて野焼の火と火風と風 あき
恐竜の胃石のまろし春眠し 百花
待春と題の出てより春親し 栄子
春や春ピザ生地宙に舞ひにけり 眞二
☆うつつなき母の枕辺雛あられ 眞二
お母様は病の床に伏しておられ、ほぼ夢の中にいらっしゃるのでしょうか。ひな祭りですよと伝える優しいお心に胸をうたれました。私も母に付き添いましたが、もっと優しくできなかったかと悔いばかりが残っています。

 

■長谷川一枝 選

冴返るこの頃増えし独り言 穐吉洋子
自転車の轍重なる春の土 飯田静
とれたての菠薐草に日の温み 松井洋子
蜆汁相も変はらぬ箸使ひ ひろか
☆種物屋季節外れのポスターも 良枝
近くに大型店が出来たので、小さな種物屋さんは暇になったのか古いポスターもそのままに。

 

■藤江すみ江 選

蜆汁相も変はらぬ箸使ひ ひろか
一水の光を返し猫柳 恵美
その影を束ねて着地スキージャンプ 栄子
とれたての菠薐草に日の温み 松井洋子
☆凍返るたび菜畑の色深め 松井洋子
ずっと日々 菜畑を眺めている作者  その変化を見逃すことのない作者の眼を感じます。

 

■箱守田鶴 選

うつつなき母の枕辺雛あられ 眞二
天井に日の斑遊ばせ春炬燵 恵美
幼子の尻もちどんと春の土 ひろか
餅花や皺しわの手もみじの手 範子
☆パンジーや笑ひ上戸の老姉妹 いま子
ご姉妹は昔から笑い上戸だったのでしょう。齢をとってもそのまんま。同じことを一緒に笑える仕合せがパンジーのように明るい。

 

■山田紳介 選

ハンカチのKの刺繍や春めける 清子
花八手いつも何かを探しをり 優美子
パンジーや笑ひ上戸の老姉妹 いま子
しゆるしゆると足袋の摺足初茶湯 朋代
☆大試験地下鉄四番出口より もと子
五十年前、東京で受験した時に東京住まいの兄が案内してくれた。前日最寄り駅から大学までの道程を一緒に歩いてくれ、この新宿厚生年金会館を目標にする様に、何回も念を押された。文字通り昨日の事のように覚えている。

 

■松井洋子 選

ランドセル春の陽光跳ね返し 由布子
揉み合うて野焼の火と火風と風 あき
家鳴りの大きくひとつ冴返る 優美子
掌にうつす大地の鼓動たがやせり 実代
☆雪の夜の底に集配所の灯る 実代
雪の夜の底という表現で、雪の深さ、冷たさ、暗さなどが一気に伝わってくる。そこに灯る明かりは、その地に生きる人たちの命のように感じられた。

 

■緒方恵美 選

引綿のやうに夕雲春浅し 栄子
春空や真青つらぬくけやきみち 昭彦
青竹の茶杓の軽き初点前 朋代
室の花油彩の赤を使ひ切り 敦丸
☆冬ざるる檻の中なる喫煙者 穐吉洋子
中七が端的に状況を表している。時代の流れですね… そのやるせなさを季語が代弁している。

 

■田中優美子 選

てのひらを重ねるやうに芽吹きけり 林檎
途切れたる話のすき間囀れる 田鶴
薔薇の芽の赤ぽつちりとみつちりと 雅子
またしても大嘘つかれ大雪よ 範子
☆春の雨結論すこし先延ばし 一枝
やんわりと降る春の雨に、そう結論を急ぐことでもないと思った作者。繊細な心理がうかがえます。

 

■チボーしづ香 選

梅散るや雨の香のこる散策路 昭彦
時の気に匂ひ失せたる水仙花 依子
一水の光を返し猫柳 恵美
春浅し初瀬の川の水速し 康仁
☆椿掃くそのままにとの声あらば 百合子
落ちたばかりの花びらが豪華で美しい椿の花を惜しむ声が印象深い。

 

■黒木康仁 選

人類は宇宙を目指しいぬふぐり 良枝
落語でも聞きに行かうか雪催 有為子
ぬくぬくし布団に籠る日の匂ひ 敦丸
幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
☆仰ぎても青空ばかり初雲雀 一枝
初めて雲雀の声を聴いたのでうれしくなって見上げたのですが、そこには青空だけが残っていた。一種の空虚感でしょうか。

 

■矢澤真徳 選

雪解けて足跡のまづ透けにけり 味千代
発願のお百度参り涅槃西風 朋代
揉み合うて野焼の火と火風と風 あき
雪の夜の底に集配所の灯る 実代
☆相席の夫婦の会話しじみ汁 宏実
相席の人の会話は聞こうとしなくても耳に入ってしまうときがあります。少しの泥臭さまで旨味になっているしじみ汁のような夫婦の会話だったのかな、と想像しました。いかにもおいしそうで、実は味が抜けているしじみの身も気にせず箸でつつけるのも夫婦のいいところかな、とも思います(しじみの身など食べない上品なご夫婦だったかもしれませんが)。

 

■奥田眞二 選

冴えかへる小童黙る骨拾ひ 康仁
山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
疫神に朝寝の日々を賜りぬ 依子
雪礫投げし如くに梅咲きぬ もと子
☆ハンカチのKの刺繍や春めける 清子
ハンカチを四つに折り畳んだらKの字の刺繍が表れて出た。 プレゼントされた作者のイニシャルであろうか、はたまたあの時のーーなんて物語を考えてしまう。

 

■中山亮成 選

自転車の轍重なる春の土 飯田静
とれたての菠薐草に日の温み 松井洋子
春ショール物産展の人波へ 優美子
日常といふ名の平和草青む 百花
☆爪立ててすがる子猫の鼓動かな 百合子
情景がうかび、鼓動が効いてます。

 

■髙野新芽 選

海からの風の和らぎ春めきぬ 飯田静
鳥声のひと際空の春めける 雅子
春の月遠きものほど美しき 優美子
雪晴れの木立の影は水墨画 亮成
☆深き傷持ちてものの芽ふくらめり 松井洋子
春の期待と生命力が感じられる素敵な句でした。

 

■巫 依子 選

黙々と飯平らげし受験生 味千代
しゆるしゆると足袋の摺足初茶湯 朋代
相席の夫婦の会話しじみ汁 宏実
雪の夜の底に集配所の灯る 実代
☆雪もよひ木べらに潰すだまの数 実代
今夜は冷え込みそうだからホワイトシチューにしましょう・・・と、市販のルーを使わずに丁寧に作っている感じがいいですね。そうでありながらも、潰すだまの数ひとつひとつに、天候が悪くなっていくことへの鬱屈のようなものも感じられ、心憎いですね。

 

■佐藤清子 選

山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
深き傷持ちてものの芽ふくらめり 松井洋子
春宵のランプ数多に小樽駅 紫峰人
幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
☆バス停は岬南端春隣 ひろか
まるでグーグルアースで焦点を合わせて行くように岬の南端にたどり着けました。故郷のバス停なのかもしれません。すっきりと言葉少なところが心地良く感じます。間もなく春が訪れる岬への想いが伝わってきました。

 

■水田和代 選

成人式かつてあの子は利かん坊 範子
浅き春みな福耳の羅漢さま 恵美
亡き父の夢まで見たる風邪の床 優美子
子羊の余寒の中を生まれ来る チボーしづ香
☆途切れたる話のすき間囀れる 田鶴
話が途切れてしんとした時に、鳥が合間を埋めるように囀り、また会話が戻ってきたのでしょう。一瞬がよく書けていると思いました。

 

■梅田実代 選

一水の光を返し猫柳 恵美
子の覗きゐる早春のポストかな 栄子
パンジーや笑ひ上戸の老姉妹 いま子
薔薇の芽の赤ぽつちりとみつちりと 雅子
☆人類は宇宙を目指しいぬふぐり 良枝
道端の小さく可憐な犬ふぐりの青から遠く広大な宇宙への発想の飛躍が見事です。

 

■鎌田由布子 選

落語でも聞きに行かうか雪催 有為子
三日月のいよよとんがり冴返る すみ江
一水の光を返し猫柳 恵美
バス停は岬南端春隣 ひろか
☆城壁の石組固く梅白し もと子
梅の花が咲いているがまだ寒さが残っている感じが石組固くから感じられました。

 

■牛島あき 選

薔薇の芽の赤ぽつちりとみつちりと 雅子
春の夜の下りホームに別れけり 由布子
仰ぎても青空ばかり初雲雀 一枝
声少し落とす予報士冴返る 康夫
☆バス停は岬南端春隣 ひろか
潮の匂いの風や眩しい海光がありありと想像され、「春隣」より相応しい季語があるだろうかと思いました。

 

■荒木百合子 選

海苔舟の帰り来海をしたたらせ 雅子
山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
日矢射して凍雲に穴ひらきけり 栄子
揉み合うて野焼の火と火風と風 あき
☆仰ぎても青空ばかり初雲雀 一枝
子供の頃、畑が沢山あった西賀茂に蓬摘みに連れて貰い、あとの蓬餅作りも楽しみでした。青空に雲雀の声、懐かしいです。

 

■宮内百花 選

ふらここを押す手の小さくこそばゆく 伸子
ひと粒のミモザの花のひかりかな 伸子
鳥帰る柩にそつと比良の地図 百合子
梅ひとつ咲きて記憶の戸を叩く 眞二
☆人類は宇宙を目指しいぬふぐり 良枝
まるで犬ふぐりのように、宇宙から見たら人間は何と小さな存在か。しかし、宇宙を目指すチャレンジ姿勢もまた、踏まれても立ち上がる犬ふぐりのようだ。

 

■鈴木紫峰人 選

幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
とれたての菠薐草に日の温み 松井洋子
初蝶の吾を一回りして空へ 良枝
海苔舟の帰り来海をしたたらせ 雅子
☆揉み合うて野焼きの火と火風と風 あき
野焼きの紅蓮の炎が目に浮かぶようです。

 

■吉田林檎 選

バス停は岬南端春隣 ひろか
塩漬けの塩の結晶春浅し 由布子
リボン縦結びやバレンタインデー 栄子
冬ざるる檻の中なる喫煙者 穐吉洋子
☆自画像のあご尖りたる余寒かな 実代
自画像なのに、という点に面白みがあります。自分の横顔の特徴に改めて気づく感じに今さら感があり、春の寒さと響き合います。

 

■小松有為子 選

日脚延ぶ下校のチャイムはや鳴りて 一枝
天井に日の斑遊ばせ春炬燵 恵美
待春と題の出てより春親し 栄子
途切れたる話のすき間囀れる 田鶴
☆新聞のよもや来るとは吹雪の日
悪天候をついて届けて下さる配達員さんに脱帽ですよね。素直に詠まれていて好感です。

 

■岡崎昭彦 選

藁を食む牛よ羊よ春日和 チボーしづ香
マニキュアの赤を手に取り春隣 由布子
仏の座ながめ終はりて耕せり 実代
古書店に出会ひありけり蝶の春 林檎
☆雪解けて足跡のまづ透けにけり 味千代
春の雪は薄っすらと積もり、足跡を薄く残す。

 

■山内雪 選

フィアンセの話となりぬ春帽子 紳介
カフェに待つ次の上映夕永し 林檎
ふとん屋の盆梅ふふむアーケード 栄子
種物屋季節外れのポスターも 良枝
☆掌にうつす大地の鼓動たがやせり 実代
大げさな表現のようでついつい肯いてしまった。

 

■穐吉洋子 選

山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
室の花油彩の赤を使ひ切り 敦丸
人類は宇宙を目指しいぬふぐり 良枝
立春や子の声弾むまあだだよ 飯田静
☆朝日昇るごと稜線の野焼きかな
朝日が昇るにつれ稜線が照らされていく様子を野焼きに見たてみごと。

 

■若狭いま子 選

日常といふ名の平和草青む 百花
幼子の尻もちとんと春の土 ひろか
黙々と飯平らげし受験生 味千代
県境は地図上のこと蕗の薹 あき
☆春眠に天寿全うしたりけり あき
老いの身なれば、あやかりたい最期です。

 

■松井伸子 選

うつつなき母枕辺の雛あられ 眞二
春北風や電話の中の風の音 一枝
山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
海苔舟の帰り来海をしたたらせ 雅子
☆藁を食む牛よ羊よ春日和 チボーしづ香
「牛よ羊よ」の表現に温かいまなざしを感じました。当たり前が当たり前として輝く世の中でありますように。

 

■長坂宏実 選

マニキュアの赤を手に取り春隣 由布子
寝不足の目には眩しき春日かな 味千代
古書店に出会ひありけり蝶の春 林檎
藁を食む牛よ羊よ春日和 チボーしづ香
☆浮かびてはまた一句消ゆ風邪の床 優美子
風邪で寝込んでいる時、何か考えようとしてもまともにいかない様子が伝わってきました。

 

■木邑杏 選

吹かれたる芽柳に頬さすらるる いま子
浅春のツェルニーの指もつれたる 実代
一水の光を返し猫柳 恵美
山小屋の王者の如く暖炉燃ゆ 範子
☆春風に野生を乗せて馬頭琴 伸子
モンゴルの大草原を馬頭琴になった野生の馬が春風の中を駆け抜けていく。

 

■鈴木ひろか 選

子羊の余寒の中を生まれ来る チボーしづ香
雪煙より現るる対向車
花八手いつも何かを探しをり 優美子
今朝散りし山茶花跨ぐ赤き靴 真徳
☆介護士の手のひら赤し寒戻る 松井洋子
冷たい水で洗う事も多いと思われる介護士の働く手が見えるようです。

 

 

 

◆今月のワンポイント

「多読のすすめ」

多作多捨はみなさん実行なさっていると思うのですが、なかなか手が回らないのが多読です。

多読と言っても、何から読めばいいのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、西村和子先生や行方克巳先生の句集、そして好きな俳人がいればその人の句集を読むのがよいと思います。幅広く名句に触れたいのであれば、両先生の共著『名句鑑賞読本』がおすすめです。

優れた句を読んでいると、言葉の使い方や表現方法の工夫に気づきます。それが自らの栄養となり、今後の句作に大いに役立つことでしょう。

松枝真理子