コンテンツへスキップ

窓下集 - 9月号同人作品 - 西村和子 選

蝦夷蒲公栄開拓小屋の骸めき 井内俊二
下町の産院繁盛姫女苑 三石知左子
柿若葉犬にたつぷり水飲ませ 井出野浩貴
初夏の風に追はれて水早し 石山紀代子
一舟も見ず群青の夏の潮 江口井子
谷深の屋根の光りて栗の花 大橋有美子
吾妻橋下にレガッタ追ひ抜かれ 中野トシ子
病窓を斜めに切りて初燕 廣岡あかね
鋸挽きの途切れてよりの慈悲心鳥 小倉京佳
ミモザ咲き吾子にけふより選挙権 松枝真理子

知音集 - 9月号雑詠作品 - 行方克巳 選

薬缶いっぱい麦茶沸かして母元気 竹本是
汗を振り切つてヘディングシュートかな 石川花野
蝦夷春蟬こだまのごとく鳴きつるる 中野トシ子
ジーン・セバーグよりも短き髪洗ふ 田中久美子
時の日の柱時計の中に隠れ 鈴木庸子
飛び込みの下手なペンギン水温む 田代重光
虻飛べり我が家の間取知り尽くし 島野紀子
クレーン三基夏空を組み立てる 佐藤二葉
太宰忌の濡れて艶めく滑走路 小山良枝
初夏の旅の真白きリュックかな 中野のはら

紅茶の後で - 9月号知音集選後評 -行方克巳

波布の井を覗けば虫酸走るなり 竹本是

波布は沖縄や奄美諸島に分布する猛毒を持った蛇。飯を盛る匙に似るので飯匙倩とも書く。波布の井とは、捕獲してきた波布を投げ込んで置く穴蔵をいうのだろう。薄暗い穴を覗くと数多の波布がひしめき合っている。虫酸が走るというが、まさにその言葉の通りであろう。動物の仲間で蛇ほど嫌われるものはないが、1つにはあの形、そして瞼を持たない冷たい目が然らしむる処であろう。

汗を振り切つてヘディングシュートかな 石川花野

1ヶ月程前まではロシアで行われたサッカーのワールドカップが話題であった。サッカーの得点シーンの中で、ヘディングシュートほど興味深いものはない、と私は思っている。何で計ったようにシュート出来るのか、不思議でならないのである。この句は、そのヘディングシュートの一瞬を切り取って、スローモーションカメラで再生したような作品である。「汗を振り切つて」がまことに鮮烈な印象を与える。

形代の足のあたりに息かけて 中野トシ子

夏越の祓の時に、紙の人形の足のあたりに息を吹きかけて川に流したのである。勿論少し不自由な足のよくなるようにという願いを込めてのことである。